バラエティ倉庫館

イッパングランプリ 動画2020見逃し配信/予選会/バカリズム6月13日再放送/無料視聴最新話まとめ

イッパングランプリ 動画2020見逃し配信/予選会/バカリズム6月13日再放送/無料視聴最新話まとめ

2020年6月13日15時55分から『イッパングランプリ【設楽バカリ小木が厳選!視聴者大喜利&第7世代投稿企画】』が放送されます

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

イッパングランプリ2020年6月放見逃し配信/再放送

イッパングランプリ/番組内容

設楽&バカリ&小木が大絶賛!視聴者による大喜利大会&第7世代からモノマネ芸人まで自宅で大喜利投稿企画!13日よる9時グランプリの新着映像も!

イッパングランプリ 出演者

バカリズム  設楽統(バナナマン)  小木博明(おぎやはぎ)

イッパングランプリ見逃し配信/再放送2020/6月13日バカリズムみどころ

-面白そうな所は、視聴者が、大喜利に挑戦する所です。

視聴者の面白い回答を芸人達が、厳選して紹介するのも楽しみです。大喜利は、よくテレビで観ていますが、お題に対してすぐに回答が、浮かぶのが、すごいなと思いながら観ています。

大喜利の面白い所は、お題に対してずっこけるような回答が、ある時です。思わずほっこりしてしまうようなずれた回答が、好きです。

今回のイッパングランプリでも面白い回答やほっこりするような回答を期待します。

バカリズムさんは、本出場しているので視聴者大喜利の回答についてのコメントが、楽しみです。大喜利の回答のコツなども聞いてみたいです。

設楽さんは、落ち着いたフインキなのでじっくりと大喜利について語ってくれそうです。

テレビのコメントなどを聞いていて小木さんは、すぐにまとまったコメントを言っているので大喜利が、得意そうだなと思いました。

小木さんにも大喜利に挑戦してほしなと思いました。

人気の第7世代の投稿企画も楽しみです。若さを感じるような大喜利の回答が、ありそうですね。モノマネ芸人の出演では、モノマネをしてくれそうなので楽しみです。

イッパングランプリ見逃し配信/再放送2020/6月13日バカリズム無料視聴 楽しみな点

今をときめくお笑い第7世代の芸人さんたちがどんな解答をするのかに期待しています。

本戦のグランプリにはアインシュタインの稲田さん、ミルクボーイの駒場さん、四千頭身の後藤さんと3人の第7世代の芸人さんが出演する予定だそうですが、それ以外の第7世代の芸人さんからも投稿という形で回答を考えてもらうようです。

グランプリにはバカリズムさんや千原ジュニアさんなど常連のベテラン芸人さんが定着して面白い戦いを繰り広げられていますが、それに新たに割って入る芸人さんがいるのか、また常連の芸人さんとは違うお笑いセンスを見せられるのか非常に楽しみです(上から目線ですみません)。

ある種、グランプリへの予選みたいなものになると思うので投稿する第7世代の芸人さんたちもさぞかし気合が入っていると思います。

この番組のMCのバナナマンの設楽さん、おぎやはぎの小木さんも出場経験があり素晴らしい芸人さんなのでどんな風にこの番組を盛り上げてくれるかとても期待してます。お二人の回答に対する解説も聞きたいです。

まとめ

バカリズムさんはすごく頭がいいです。出演してる際も出された話題に対して瞬時に面白い話を見いだせることができますし、ツッコミの面に関しましても的確かつみんながわかりやすくおもしろいと思えるツッコミをしてくれます。

また演者としても出演していて、演技も役者並みに上手いですし、その役に入り込める才能も持ち合わせています。一度バカリズムさんの出演しているドラマを拝見しましたが、そこら辺の見習いの役者さんより断然に演技力があって私達の心を揺さぶってくれるものがあります。

バカリズムさんは本当に万能型で何でもできちゃう天才タイプに違いありません。頭のキレに関しましては軍を抜いています。

そして人間性も優れているため、顔はイケメンとは決して言えないですが、女性の心を惹きつける何かがあるのでしょうか、女性からもモテています。彼はコミュニケーション能力の面でも優れていて、あまり人見知りがなく誰とでも話せて尚且つ、フレンドリーさもあるため、周りからもリスペクトされ好かれていて今でもテレビ業界に残り続けているのだと思います。

清潔感もテレビ越しでもあるって分かりますし、バカリズムさんの笑顔は素晴らしい宝のような魅力的な笑顔です。

。特にドラマの脚本を書ける芸人さんは、かなり貴重なのではないでしょうか。しかもバカリズムさんは、役者としても才能があり、まさにマルチに活躍するタレントだと思っています。バラエティー番組でも独特のコメントで存在感があり、唯一無二の存在だと思っています。大人しそうに見えて毒舌なのも面白いです。

他の芸人さんとの掛け合いもテンポが良くて面白く、話術があるのがさすがです。そして、共演者の中に溶け込むのが早いバカリズムさんですが、実は人見知りのギャップも好感度が高いです。

女性にジェントルマンのイメージがあり、嫌味の中に優しさが見えるのが素敵です。

そして、トーク番組では笑顔を見せてくれるので、ニコっとした表情が可愛らしいと感じました。トレードマークのおかっぱ頭もダサくなく、個性に見えるのも凄いです。

バカリズムさんの脚本はコメディだと思っていましたが、ジワっと胸が熱くなる感動の展開が用意されているのが素晴らしいと思います。そのため、かなり見応えあるドラマに仕上がっています。これからも、活躍の幅を広げていく可能性を感じる芸人さんなので、バカリズムさんに注目をしていきたいです。バカリズムさんの魅力は、微妙な間の使い方が上手い所だと思います。

ネタも完成されてると思いますが、バカリズムさんのネタの合間の微妙な間の使い方によって笑いを呼んでる感じだと思います。

例えば、バカリズムさんのネタを陣内さんがやってもそこまでバカリズムさんみたいに笑いを取れるか?多分取れないと思います。

一人コントの天才だと思います。

バカリズムさんはお笑いだけじゃなくて実は俳優や脚本家としても活躍してるんです。架空のOL日記というドラマで脚本をし主演としても活躍されています。

この時に第36回向田邦子賞という賞を受賞されています。このドラマは2017年頃だったのですが2020年に映画化が決定されました。

このように実はお笑いだけではなく俳優や脚本家としても成功されています。

私が思うにネタを作るのとドラマの脚本は違うと思うのですが、ネタの完成形がドラマの脚本ということになったのではないかと思っています。

お笑いで成功、脚本家で成功、司会者で成功、俳優で成功されています。

すごい才能を感じます。一度なんでもいいのでバカリズムさんのネタを見てからバカリズムさん脚本の映画をご覧ください。やっぱり個性があってバカリズムさんらしさが出て天才肌を感じさせます。

一般グランプリ動画見逃し配信pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunは危険

違法動画、およびそのリーチサイトについて、どの点が違法行為かということについて述べさせてもらいます。そもそも違法動画とは、著作権のある映画、アニメ、TV番組などを、著作権保有者に無断でネットなどにアップしたものを指します。

本来なら、著作権者、すなわち映画を作成された方やアニメ制作者はその自らの作品で利益を得られるはずなのに、それを阻害する行為であり、重大な犯罪です。最近では動画ではありませんが、漫画村と呼ばれるサイトを運営していた運営者、およびそこに漫画をアップしていた利用者が一斉に逮捕されたのは記憶に新しいと思いますが、当然アップしたことで著作権法違反という犯罪になります。

にも拘わらず、最近ではYouTubeやTwitterのようなSNS、一般の人が利用できる動画サイトは多数あり、そこに違法な動画がアップされている状況で、取り締まりを行ってもなかなか撲滅できないのが現状のようです。

また、それを違法と知りながらダウンロードし保持することも違法ですがこちらもなかなか減らないのが現状と言われています。これは著作権法違反という犯罪はしっていても、この手の行為がそれに該当するということを認識していない方が多いのが理由ではないかと思います。

映画館などでもよく出てきますよね、「Stop映画泥棒」。著作者に無断で動画を不特定多数の方にみえるような形にすることやそれを利用することはすべて犯罪です。絶対にやらないようにしましょう。

–違法動画をネットにアップする行為や誘導するリーチ・サイトに関しては、明確に違法行為として国会でも通過し、映画の上映前での啓発広告でも違法性をアプローチしていますが、まだまだネット検索すると、違法サイトと思われるものが見受けられます(

特にアニメ作品)。特に海外を経由してのアップロードに関しては、潰しても次から次へと現れるためイタチごっこの様相です。

アニメに限ったことではありませんが、製作に関してはお金がかかっているものであり、視聴に対してお金がフィードバックしてこないのは、ビジネスとしては成立しないわけであり、違法アップロードがマネタイズの障害になっているのは明白です。

まずは、今以上に違法アップロードの犯罪性をユーザー側が認識する必要が有ると思います(手法としてアップロードは簡単にできるものであり、犯罪の意識がなく行っている可能性がある)。明確に法規制を行い、この一線を超えたり・・などのラインを設定するのが良策だと思うのですが、これまでのような状態が続くようであれば、ユーザー側の民度の低下を招く恐れもあり、厳罰化の方向でも構わないと思います。

また、映像を製作した側も、製作時から遡って一定期間経過した物に関しては、権利を放棄する必要も有ると思います(コストも回収しているでしょうし、またテレビ作品に関しては、公共の電波を利用して収入を得た実績が有るため、公共の利益に還元しなければ・・という意見もある)。また、サブスクでの単品価格を低価格にするとか、製作者側のサービス意識も必要と思います。

(無料視聴できます)

↓ ↓

イッパングランプリ無料視聴