バラエティ倉庫館

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画)フル無料視聴2020年6月13日

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画)フル無料視聴2020年6月13日

 

2020年6月13日14時から『プロ野球開幕直前SP「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」動画』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画)
 

侍の名のもとに /番組内容

 

侍ジャパン完全密着ドキュメンタリー映画が地上波初登場!2017年稲葉監督就任から800日。決意・覚悟を胸に10年ぶりの世界一への道のりを描く。

番組内容
6月19日(金)にいよいよ開幕を迎えるプロ野球。その開幕を前に今年2月に劇場公開した作品の地上波初登場が決定した。2017年7月31日に稲葉篤紀氏が野球日本代表・侍ジャパンの監督に就任してからの800日間を追った。決意・覚悟を胸に重圧を乗り越え、そして結束へ。代表への強い想い、選手の素顔、激闘の裏側などチーム専属カメラが完全密着した貴重映像を通して知られざる侍ジャパンの真実が明かされる。

 

侍の名のもとに 出演者

 

侍ジャパントップチーム 稲葉篤紀監督 山崎康晃選手(横浜DeNA) ナレーション : 井口 裕香

 

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画)ストーリー性

 

2009年3月23日、アメリカのドジャースタジアムで開催された「第2回ワールドベースボールクラッシック(WBC)」の決勝戦。

3対2でリードしていた日本代表の侍ジャパンですが9回裏、韓国代表に同点に追いつかれ延長戦に突入。しかし10回表、イチロー選手が見事決勝打を放ち、侍ジャパンは2大会連続の優勝を勝ち取るのです。

それまで不振に喘いでいたイチロー選手が、7球粘ったすえに打ったタイムリーヒットのシーンは、今でも強烈に脳裏に焼きついています。

それから10年余。6月13日午後2時から、今年2月に劇場公開され話題を呼んだ「侍の名のもとに ~野球日本代表 侍ジャパンの800日」が、地上波で初めてTBSにて放送されます。この映画は、2017年7月31日に侍ジャパンの監督に就任した稲葉篤紀氏に800日間にわたって完全密着したドキュメンタリーです。

かつては2大会連続の優勝を果たした侍ジャパンですが、2013年の第3回大会はベスト4、2017年の第4回大会もベスト4に終わり、その輝くを無くしかけていました。そんな侍ジャパンの監督にプレッシャーを乗り越え就任した稲葉氏には、どのような決意と覚悟があったのでしょうか。また招集された選手たちは、侍ジャパンという代表チームに対してどのような想いを抱き、相手チームとの激闘を繰りひろげて来たのでしょうか。800日もの長期密着という貴重な映像から、侍ジャパンの“真実”を確かめてみたいと思います。

特に、WBCが始まって、2006年、2009年と連覇して世界一の称号を得ていた日本の野球も、様々な名将が監督となっても近年思うような成績を残せずにいて、そんな中で、監督経験もない稲葉さんがいきなり監督となり、稲葉さんももちろんプレッシャーもあったと思いますし、選手たちも先輩たちが世界一になる姿を見ているし国民がそれを期待しているという重圧のもとにスタートしたチームだと思っているので、その姿に密着しているのはとても興味深いです。

今までの侍ジャパン以上に若手選手の起用も目立つチームですし、プレミア12ではだれが4番を打つのか?という話もメディアを賑わせたと思います。

そういった、チーム編成に至る背景や考えを見ることができると思うとすごく楽しみです。

今年開催予定だった、東京オリンピックのことも想定したチーム編成や試合展開をしていると思うので、そういったところにも注目したいなと思っています。

私は、プレーや特定のチームファンであるだけではなくて、選手個人のファンでもあるので、2017年頃から密着してるわけですから、選手たちの今よりちょっと若いころの姿も見れたりするのかなと楽しみです。

私は昨年の冬、侍JAPANからたくさんの勇気と希望をもらいました。

 きっと、それは私だけではないと思います。

 そんな侍JAPANの頂点までの道のりは決して順風満帆なものではなく、相次ぐ候補メンバーの辞退、そしてチームキャプテン秋山選手の怪我による戦線離脱など、本戦開始前から日本代表は苦難の連続だったと思います。

 ただ、それでも現状戦力ではどのような戦いが適しているのか分析し、選手のコンディションを見極め、選手への気遣いを怠らなかった稲葉監督のマネジメントによって、
日本代表は持てる力を存分に発揮して頂点まで上り詰めました。

 これぐらいであれば、その活躍を目にしていた人間であれば誰でも容易に想像は尽きます。
 しかし、その道のりの裏側には私たちが想像できないほどの監督の苦労や選手たちとの結束に向けた試行錯誤があったと思います。 
 この番組では稲葉監督就任からのその裏側に密着されているので、
  ・どんな苦労があったのか
  ・どういうふうにチームを結束させたのか など、
 その秘策の部分まで踏み込んだ内容を期待しています。

 また、昨年の侍JAPANの活躍をその目に焼き付けた野球人たちの2020年に向けた希望や期待は測り知れないほど高かったと思います。
 しかし、突然世界に暗雲が立ち込め、その希望や期待は無残にも飲み込まれてしまいました。
 その中でようやく光が見え始め、
 プロ野球は6月19日、開幕を迎えます。
 
 このタイミングでこの番組を放送することによって昨年の冬の侍たちの感動を思い出すことができ、
 またプロ野球への気持ちを高めることができると思いますので、
 世界にいる日本野球ファンのみなさんに夢と希望を与えるような番組になってほしいと思います。

 

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画) 楽しみな点

 

プロ野球の中継は私にとって余り良い思い出がない。

父がスポーツ観戦好きで、プロ野球が開幕するとテレビは父に独占されてしまう。大人になって一人暮らしを始めて私だけのテレビになっても、録画予約して居たドラマを観ようと思ったら、延長になった試合が録画されていたりと野球被害に遭った。この歳になるとプロ野球チームと監督さえ歳下になってしまった。

女子バレーの全日本が好きな私。今と全日本女子バレーの中田久美監督が15才でメンバーに選ばれたときから応援している。全日本に選ばれた選手に各実業団のチームから選ばれた精鋭で誰もが「凄い」。

侍と言われる「野球日本代表侍ジャパン」はバレーでいうところの「全日本」だな、よし、分かった。最近は舞台やコンサートを撮影して映画館で上映したり、生中継するライブビューイングもある。プロ野球の世界的な試合を戦う選手たちの800日の舞台裏が見られるなんて野球ファン野球選手のファンなら垂涎ものでしょう。

800日と言えば2年と少し。長いです。それぞれのチーム専属のカメラマンがいて選手を追っているそうだ。選手個人、練習、試合と追うカメラ。試合に向けての緊張感や臨場感が伝わって来そうです。
 

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画) 視聴者感想

 

ワールドベースボールクラシックやプレミア12と国別対抗戦では立て続けに高い成績を治め、世界に日本の野球のレベルの高さを証明してきた侍JAPAN。

現在監督を務めている稲葉篤紀監督は過去に選手としても、2009年と2013年に2度ワールドベースボールクラシックや2008年の北京オリンピックにも出場をしており、コーチも務めるなど国際経験も非常に豊富な人材であり、その経験値の高さやまだ指導者としては若く、選手との距離感も遠くない兄貴的な存在であるところがより選手に接するにあたり良いのではないかと感じています。

日本のレベルの高さを証明し続けてきた大会であったからこそ、勝って当たり前と思われるプレッシャーとの戦いもあったと思います。

しかし若手の起用や選手との信頼関係を築いていき、2019年のプレミア12では見事に優勝を飾り、結果もしっかりと残し実績を残しています。

スポーツキャスターとして、選手の取材で裏側をより近くで見てきたことや解説をしてきたところも個々の選手を把握でき、分析力を伴わせたことが指導者としてより磨きがかかったところだと思います。選手時代の北京オリンピックでは4位と惜しくもメダルには届かなかったため、是非東京オリンピックでは金メダルを目指し選手を率いていただきたいです!-

-ワールドベースボールクラシックやプレミア12と国別対抗戦では立て続けに高い成績を治め、世界に日本の野球のレベルの高さを証明してきた侍JAPAN。現在監督を務めている稲葉篤紀監督は過去に選手としても、2009年と2013年に2度ワールドベースボールクラシックや2008年の北京オリンピックにも出場をしており、コーチも務めるなど国際経験も非常に豊富な人材であり、その経験値の高さやまだ指導者としては若く、選手との距離感も遠くない兄貴的な存在であるところがより選手に接するにあたり良いのではないかと感じています。

日本のレベルの高さを証明し続けてきた大会であったからこそ、勝って当たり前と思われるプレッシャーとの戦いもあったと思います。

しかし若手の起用や選手との信頼関係を築いていき、2019年のプレミア12では見事に優勝を飾り、結果もしっかりと残し実績を残しています。

スポーツキャスターとして、選手の取材で裏側をより近くで見てきたことや解説をしてきたところも個々の選手を把握でき、分析力を伴わせたことが指導者としてより磨きがかかったところだと思います。

選手時代の北京オリンピックでは4位と惜しくもメダルには届かなかったため、是非東京オリンピックでは金メダルを目指し選手を率いていただきたいです!

–侍ジャパンの800日に注目していくわけですが、侍ジャパンの800日の活動は一体どのような活動をしているのかということが気になると思います。特に日本の野球は世界的に見てもかなり強く、世界で1番か2番位を争うところまで野球の強さが日本人たちは強いです。なので日本人たちも注目をしているスポーツであり、侍ジャパンの800日に注目していくわけですが、侍ジャパンの800日の活動は一体どのような活動をしているのかということが気になると思います。特に日本の野球は世界的に見てもかなり強く、世界で1番か2番位を争うところまで野球の強さが日本人たちは強いです。なので日本人たちも注目をしているスポーツであり、サッカーはイマイチですが、野球はかなり強いので日本人たちもかなり注目しているスポーツでもあります。

800日間を密着しているわけですから800日間の全てを知っていくこともできるわけなので、どのような努力をしているのか、監督としての技量はどういう感じなのかと言うことを見ていきますし、いいと思います。

6月19日(金)にいよいよ開幕を迎えるプロ野球。その開幕を前に今年2月に劇場公開した作品の地上波初登場が決定した。

2017年7月31日に稲葉篤紀氏が野球日本代表・侍ジャパンの監督に就任してからの800日間を追るものでありその時の葛藤の様子や、努力の様子などを見ていくことができると思います。決意・覚悟を胸に重圧を乗り越え、そして結束へ。代表への強い想い、選手の素顔、激闘の裏側などチーム専属カメラが完全密着した貴重映像を通して知られざる侍ジャパンの真実が明かされるということで、面白く見ていけそうな番組だと思いました。

侍ジャパンの事は知っているけれども詳しくは見たことがないという人など、これはいい機会ですので見ておくと、いいと思いますし、何か注目すべきところがあるかもしれません。野球のことをそこまで知らない人もこのような密着映像などを見ることで、野球自体のファンになる人もいるかもしれません。
 

まとめ

 

–パンの800日〜」が放送されます。2017年7月31日に東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズで活躍した稲葉篤紀氏が野球日本代表・侍ジャパンの監督になり2019年の第2回プレミア12で優勝を掴み取るまでの軌跡が描かれたドキュメンタリー映画だとのこと。

野球ファンはもちろんですが、スポーツ一般、ビジネス、組織運営、人間関係などに興味のある人にとっては生きた教科書にもあり得る興味深い記録映画となっているのでは?と期待したいところです。

稲葉篤紀氏は2014年までプロ野球の現役選手でしたので2017年7月に侍ジャパン監督に就任した時には引退から2年強しか経過してないことになります。

しかも、引退直後はテレビ朝日でプロ野球解説者として活躍し、すぐに侍ジャパンの打撃コーチになり、その後侍ジャパンという経緯を辿っているわけで、通常のチームでの指導経験がないまま代表監督になることになっています。

この流れは前任の小久保裕紀氏も同様だったのですが、経験だけが重要ではないもののやはり采配上の引き出しの少なさやチーム全体をまとめる指導者としての目など厳しい面はあったのだろうと思います。

そんな指導者としての経験の少なさをどのように補って結果につなげたのか?そういう観点での答えも見つけられると嬉しいですね。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

侍の名のもとに 動画 野球日本代表 侍ジャパンの800日(動画)