tv

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日のオンデマンドサイトについての情報

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日のオンデマンドサイトについての情報

2020年6月14日21時からNHKBS1で『BS1スペシャル「プロ野球監督座談会スペシャル」』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日,nhk,フル,無料視聴まとめ

プロ野球・監督座談会/2020年6月14日見逃し配信/再放送番組内容

いよいよ開幕されるプロ野球、この瞬間を心待ちにしていたというような方も多いのではないでしょうか。

6月19日のプロ野球開幕を前に、3月に行われたプロ野球監督の座談会を行なった様子を50分の拡大番組として放送されるというのはとても興味深いですね。

プロ野球の開幕を前に監督たちがどのような思いでいるのか、更に今シーズンにおいて各監督たちがどのような策略を立てているのかということも知ることができるようなので、プロ野球を開幕前予習のような感じで見ることが出来たら楽しいのではないでしょうか。

前半と後半で分かれての座談会の様子を楽しむことができるようなので、より濃厚な話を聞くことが出来るはずです。

プロ野球にあまり興味がなかった人なども監督たちの熱い思いなどを聞いて興味を持つことが出来たり、試合を見ながら「あ、これはあの時監督が語っていた策略のひとつなのかなと」と思いながら、いつもとは異なる楽しみ方をするというのも良いのではないでしょうか。

注目度の高い監督の話は他の監督においても刺激になるかもしれませんし、野球ファンだけではなく試合に参加している人もこの番組を楽しんでいるのかなと思うと共に試合に挑んでいるような気持ちになれるのではないでしょうか。

プロ野球・監督座談会 出演者

出演
原辰徳,アレックス・ラミレス,矢野燿大,佐々岡真司,与田剛,高津臣吾,辻発彦,工藤公康,三木肇,井口資仁,西村徳文,栗山英樹,

キャスター
大越健介,副島萌生

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/ 2020年6月14日みどころ

セ・リーグ、パ・リーグそれぞれ12名の監督が集い、熱いトークバトルを展開します。

番組前半は原辰徳(巨人)、アレックス・ラミレス(横浜)、矢野燿大(阪神)、佐々岡真司(広島)、与田剛(中日)、高津臣吾(ヤクルト)というセ・リーグ6監督による座談会。NHKの大越健介キャスターと副島萌生キャスターが司会を務めたのですが、「○×クイズ」での“迷解答”から各監督が今年期待する選手まで、さまざまな話が飛びかったようです。

一方、番組後半では辻発彦(西武)、工藤公康(ソフトバンク)、三木肇(楽天)、井口資仁(ロッテ)、西村徳文(オリックス)、栗山英樹(日本ハム)のパ・リーグ6監督によるトークバトルが展開されます。

ちなみに、開幕前に6監督が集う「プロ野球監督座談会」は今回が初めてだそうです。

しかも、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、それぞれ本拠地近くや遠征先などからのリモート参加だったとか。顔を揃えて議論を交わしたセ・リーグの座談会とはまた異なった展開になった気がしますが、セ・リーグ共々あらためてテレビの前で確かめてみたいと思います。

プロ野球 監督座談会 再放送2020年6月14日楽しみな点

NHK総合テレビのサンデースポーツで放送された「プロ野球監督座談会」を再編成して50分に拡大したスペシャル版とのこと、6月19日のプロ野球開幕に向けて各チームの戦略やペナントレースを楽しむための基礎知識など抑えておきたい情報目白押しの内容になるものを思われます。

個人的には特にパリーグに注目しています。

昨年日本一の福岡ソフトバンクホークスと優勝した埼玉西武ライオンズという2つの王者を持つパリーグは、西武の秋山選手がメジャーリーグ進出のため離脱するなど選手構成がかなり変わったことがどう影響するのかが見どころでしょう。

特にFAで福田選手、美馬投手をダブルで獲得した千葉ロッテマリーンズや、FAで鈴木大地選手・その他涌井投手、牧田投手という実績のあるベテラン投手を獲得した東北楽天ゴールデンイーグルスが、どのような力を見せてくれるかは注目の集まるところです。

そんな状況を井口監督や、パリーグ唯一の新監督である楽天の三木監督がどのように見ているのか?も興味深いところでしょう。

また、パリーグで優勝した西武ライオンズがクライマックスシリーズで破れて日本シリーズに進めないという状況が続いているわけですが、西武ライオンズの選手・スタッフは今年こそは、という思いで向き合っていると思います。
この点に対する向き合う姿勢についても辻監督の話を聞いてみたいところです。

今年も白熱しそうなパリーグの監督さんたちの話、楽しみです。

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日, 視聴者感想

監督だけで番組を構成するなんて珍しいですね。普通のプロ野球の特番では選手が主役で監督の事はあまり取り上げられないというイメージがあったので興味を持ちました。

私自身はあまり野球には興味がなくこのURLを観ても知っているのは、原辰徳監督と工藤公康監督のみです。

原辰徳監督は読売ジャイアンツで工藤公康監督はソフトバンクホークスだったと思います。

この番組はぜひ父親に見てほしいです。

父親は野球のニュースを見るたびに必ず一言こう言います。「選手だけでなくてせんしゅをえらぶかんとくもうまいんだ」父親がこの番組を観たら独りでうんちくをいろいろ言うでしょう。

以前の父親や読売ジャイアンツのファンでジャイアンツの試合にしか興味を持たなかったのですが最近ではパ・リーグの試合も良く見るようになりました。

そしてどこが優勝するのかを予想するようになりました。

以前はジャイアンツが優勝しないと意味がないと言っていたのに歳をとると変わるものですね。

父の勘は割と当たります。

父親がこの番組を観たらきっと翌日は「今年の優勝は○○だ」と言うに違いありません。

時間帯的には21:00からの放送なのであまり大声を出さず興奮しないで見てほしいなと思います。

選手ももちろん大事ですがそれをどう起用するのか監督の判断も優勝争いの決め手になるという父の言葉には間違いないと思います。

父親の勘が当たるかどうか今から楽しみです。

野球選手をまとめている野球監督の座談会というだけでも野球が好きな人ならたまらない光景だと思いますが、総合テレビで放送された分を50分に拡大し、座談会のスペシャルバージョンとして蘇るというのはなんとも嬉しい限りです。

しかも、前半と後半で分けてじっくりとお届けをしてくれるということなので、各野球チームが考えている戦略などを聞くことが出来るというのはなかなかのすばらしさではないでしょうか。

前半がセ・リーグの座談会の様子を、後半をパ・リーグにわけられるということなのでそれぞれ異なる戦力であったり、プロ野球の監督がどのような思いでプロ野球の開幕を心待ちにしているのかということにも注目をしたいところです。

チームをまとめる監督のはなしということ自体もとても貴重ではありますし、監督が集まって座談会を繰り広げることによってもうすぐ始まるプロ野球への期待感も高まり、また異なった見方をすることができるのではないかと期待しています。

まとめ

阿部さんがどのような会話を行うか楽しみにしているし阿部さんの笑った顔が好きなので阿部さんの笑顔を拝見出来る事も楽しみにしています。

阿部さんの考え方を詳しく伺った事は無いので阿部さんの野球の考え方を知りたいし高橋由伸前監督の考え方も伺いたいので高橋前監督の考え方を伺える事も楽しみにしています。

セリーグでは今年はヤクルトが強いと思うのでヤクルトの野球の戦略方法を伺える事も楽しみにしています。

大谷選手が抜けてから日本ハムファイターズは弱いチームになっだので栗山さんの野球の考え方も伺える事を楽しみにしています。栗山さんの戦略方法は私は下手だと思っている事も栗山さんの野球に対する考え方拝見したい理由になります。

阿部さんと栗山さんが会話を行って対立する事も楽しみにしています。

阿部さんと栗山さんの野球の考え方は違うと思うので対立して口喧嘩を行う事も楽しみしています。

阿部さんは元捕手だけど阿部さんの捕手の考え方も伺える事を楽しみにしているし阿部さんの筋肉は凄いのでトレーニング方法を伺える事も楽しみにしているし阿部さんはどうしてメジャーリーグに伺わなかったのかも視聴出来るかも楽しみにしてます。

そのままプロ野球が開幕する予定でした。

しかしこういう事態になりリーグも延期になったということで、改めて再放送という形で放送が決まりました。

しかしこの、監督座談会はめちゃくちゃ豪華な顔ぶれです90年~2000年代にかけて活躍した選手が監督になって登場しているからです。

そういう顔ぶれですので、どういうチーム作りをしてリーグに臨んでいくのか、非常にたのしみになっております。

自分は阪神タイガースががファンであります。矢野監督は今までいた監督の中でもお気に入りの監督さんです。

やはり戦略っていうのがとても大事になってきます。

阪神タイガースはどういう感じで戦っていくのか自分は楽しみにしています。

ですが、阪神タイガースだけではなく、パリーグの監督も登場します。

ソフトバンクの工藤監督や、これもまた選手時代にスーパースターだった人が多いと思います。

選手もピックアップしなければいけないと思いますが、監督の話もしっかり聞くことで
どこが優勝するか予想するのも面白いと感じます。

プロ野球の監督の顔ぶれは、平成の時代に名選手として活躍した方々がずらりと顔を揃えるようになりました。

2020年はプロ野球にとっても試練の年で、予定されていた東京オリンピックの延期、また元プロ野球監督の梨田氏が一時新型コロナウィルスによる肺炎で生死の境を彷徨うなど、未曾有の出来事が続きました。3月開幕の予定が、6月になったことで、それぞれの球団の監督さんたちは、短期決戦という戦いを見据えておられると思います。

古くから、ペナントレースの長期戦にはめっぽう強くても、短期決戦である日本シリーズでは惨敗するケースも頻繁に見られたことから、短い期間で勝ち上がっていく戦略を聞いてみたいです。また、プロ野球選手にも新型コロナウィルスへの感染者が出てしまったことへの監督さんたちの思いなども興味があるところです。

また、しばらくは無観客試合が続くことで、いつもとは違う静かな球場で、ビジネス的な要素の少ないこともあり、テレビなどでの観客へのサービスなどの情報も得られたらうれしいです。今年の監督さんの顔ぶれを見ていると、サービス精神旺盛な方の名前も目立つので、いつもの年とは違ったパフォーマンスの予告も楽しみにしています

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日,nhk,フル,無料視聴まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

プロ野球 監督座談会 見逃し配信/再放送2020年6月14日,nhk,フル,無料視聴まとめ