tv

大河ドラマ名場面スペシャル,見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, 無料視聴6月14日のまとめサイト

大河ドラマ名場面スペシャル,見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, 無料視聴6月14日のまとめサイト

2020年6月14日20時からNHK総合で『』が放送されます

見逃した方へ、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, 無料視聴6月14日のまとめサイト

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, 無料視聴6月14日のまとめサイト
番組内容

点を書いてください

NHKで放送される『麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「独眼竜政宗」』。

主に歴史上の人物を主人公としたNHKの大河ドラマ。

その中でも特に人気が高いとされるのは、戦国時代に生きた武将を主人公とした作品です。

私が初めて見た大河ドラマも、1992年に放送された『信長 KING OF ZIPANGU』でした。
それ以降の大河ドラマ、特に戦国時代から安土桃山時代を舞台とした作品はおおむね見てきたつもりですが、1992年以前の作品は未見です。

そんな以前の作品の中でも、特に名高く、よく評判を聞く作品が『独眼竜政宗』であり、今に至るまでの伊達政宗の人気を決定づけ、また国際的なスターとして活躍している渡辺謙さんの出世作でもあるのですから、まさに画期的な作品ですね。

そんな『独眼竜政宗』について、今回の番組では、手に汗にぎる名場面の数々とともに主演の渡辺謙が撮影の舞台裏を語るとのこと。

作品を知るのに、ちょうど良い総集解説編となりそうで、とても楽しみですね。

「梵天丸もかくありたい」が流行語となったそうですが、一体どのようなシーンで、どのような雰囲気での台詞なのか、興味深く、期待しています。

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, 無料視聴6月14日のまとめサイト
「 出演者

出演
高橋英樹,川島明,松村邦洋,伊達みきお,渡辺謙,

語り
桑子真帆

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, みどころ

1987年に放送されたNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の名場面を振り返ろうという番組とのことで往年のファンにとっても、見たことがない方にとっても楽しめる企画だろうと思います。

「独眼竜政宗」は大河ドラマ史上最高の平均視聴率を誇る作品で大河ドラマ最大のヒット作品とも言われています。

一時期低迷期を迎えていた大河ドラマが前作のいのちで若干息を吹き返し、「独眼竜政宗」で爆発、そして続く武田信玄でも爆発は継続した、という状況でした。

いまや世界のワタナベになった渡辺謙さんが主演を務めた作品としても有名で、渡辺謙さんを現在の地位に押し上げたのは、この「独眼竜正宗」での名演技の影響が大きかったのでしょう。

渡辺謙さんが主演に選ばれるまでにも色々と逸話があって、NHKとしては最初は歌手で亡くなられた西城秀樹さんにしたかったようですね。

ですが、西城秀樹さんサイドに断られてしまったということが実話として最近語られ出しています。

そして断られたNHKが新たなターゲットにしたのが、前年の朝ドラ・はね駒で主演・斉藤由貴さんの夫役を演じた渡辺謙さんだったということだそうです。

今となってみれば大正解だったということですが、キャスティング一つを見てもドラマがあるのだと実感させられる話でした。

そんな「独眼竜正宗」の名場面、しっかり楽しませてもらおうと思います。

ある者からは“奥羽の暴れん坊”と呼ばれ、また“独眼竜”の異名を持つ戦国武将・伊達政宗の生涯が描かれ、大人気を博しました。そんな名場面の数々が、6月14日に放送される『「麒麟がくる」までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「独眼竜政宗」』で紹介されます。

「独眼竜政宗」で主役を務めたのは、渡辺謙さん。当時はまだ27歳で、新進気鋭の俳優の一人にすぎませんでしたが、このドラマをきっかけに国民的俳優の仲間入りを果たすことになります。さらに、この作品には勝新太郎さん(豊臣秀吉)、北大路欣也さん(伊達輝宗)、岩下志麻さん(お東の方)といった錚々たる俳優陣が出演しています。

そんなみなさんの名演技を再び観られるかと思うと、放送が待ち遠しくてなりません。

また、番組では撮影当時の“秘話”を渡辺謙さんにインタビュー。どんな裏話が飛び出すのか楽しみです。個人的な願望をいうと、当時すでに大スターだった勝新太郎さんとのエピソードを、ぜひ聞きたいと思っています。

独眼竜政宗,動画1話無料視聴1話~2020年6月14日 楽しみな点

若かりし頃の渡辺謙を見れるだけで楽しみです。

最近の大河は、今回の「麒麟がくる」もそうですが王道の戦国モノという感じがなかったので、戦国最後の武将とも言われる伊達政宗は見ているだけで戦国感を感じ取れそうです。

伊達政宗は戦国バサラなどでも人気のキャラクターということもあって、若い人にも興味をもたれる武将ですし、秀吉との対峙や大阪夏の陣での真田幸村との戦いなども老若男女馴染みのある歴史でしょうから、かなり期待できるのではないでしょうか?そして何よりこの頃の大河は人の数が多いのも特徴です。戦のシーンは大迫力です。

戦のシーンってちょっと兵の数が寂しかったりしますが、独眼竜政宗は大河最高潮の時ですから大迫力なのです。

そして渡辺謙だけでなく、往年の名優たちも数多く参加してます。岩下志摩、勝新太郎がバリバリの時です。油が乗りに乗った時の出演ですから、そこも見所です。大河と言えば、その武将の出身地が有名になるということで、そうした史跡巡りも楽しみです。

米沢や仙台など東北ならではで、今も美しい街並みとなっているだけでなく、常時、歴史感を感じさせるグッズなども多く置いており、伊達政宗の鎧ミニュチュアや伝統工芸品なども米沢や仙台で購入できるため、放映中も放映後も楽しめそうです。

独眼竜政宗/無料視聴1話~2020年6月14日 視聴者感想

独眼竜政宗大河ドラマの特別名場面集の番組ということで当時のことを思い出しながら見れるというのは面白そうです。流行語にもなったらものすごく面白いドラマであり、今見てもおそらくドラマとしての完成度が極めて高いので面白いと感じるのではないでしょうか。

渡辺謙さんが当時のことを振り返って撮影の時のちょっとした逸話などを話してくれるということで、これはなかなかに面白そうであると感じることができる部分であると思いました。

本当にかなり古いドラマなのですが当時本当によく流行したものですので、その言葉が流行語大賞になったというくらいなので覚えてる人の方が多いのではないでしょうかと言えるドラマです。

ですから、見たことがある人にとってはこの番組はとても懐かしく、そして面白いものであると感じられることでしょう。

では、見たことがない人にとってはつまらない番組になるのかと言うとそうではなさそうなのです。

名場面集ということで、かなりしっかりと面白いということを感じられるでしょう。見たことがない人でもこれを機に名場面だけ見て、 むしろ本編を見たくなるかもしれないくらい面白いことになるでしょう。

戦国時代系のものが好きな人にとってはまず間違いなく楽しめる内容なのではあるでしょう。少なくとも私はかなりそういう部分が面白そうだと思ってます。

戦国大河ドラマ名場面スペシャル』という番組です。

その第1回目として取り上げられるのが、1987年に放送された「独眼竜政宗」。

己の知恵と才覚で東北の雄・仙台藩62万石の礎を一代で築き上げ、“独眼竜”の異名で呼ばれた戦国武将・伊達政宗の生涯を描いた戦国歴史絵巻です。主役の伊達政宗は、当時まだ27歳の若者だった渡辺謙さんが演じています。

平均視聴率39.8%という大河史上最高の視聴率を叩き出した記録破りのドラマでした。

「独眼竜政宗」の名場面といえば、父・伊達輝宗(北大路欣也)を自分の目の前で畠山義継(石田弦太郎)に殺されるシーンや、実母であるお東の方(岩下志麻)から毒を盛られるシーンなどが思い浮かぶます。

そのなかでも、やはり最高の名場面といえるのは、小田原城攻めの際に伊達政宗が豊臣秀吉(勝新太郎)と謁見シーンだと個人的には思います。

この場面、「緊迫感を出すためリハーサルなしで本番を演じた」と後に勝新太郎さんが述懐していますが、ぜひこの番組でもう一度観てみたいです。

流行語にもなったことがある独眼竜伊達政宗のドラマの特別番組です。

今でこそかなり知られている政宗ですがはっきり言って知名度が高くなったのは間違いなくこのドラマのおかげです。

私は元々歴史が好きですから知っていましたが東北の覇者ですがあまり歴史的な人物であろうとも知名度はそんなに高くないというようなことがあったわけです。

しかし、流行語ともなった梵天丸もかくありたいというのは、多くの人が覚えていることでしょう。

そんな歴代大河ドラマで最高視聴率を獲得した作品で当時27歳であった渡辺謙がブームとなったものになります。

勝新太郎がいいんじゃろ秀吉との緊迫したシーンになる様々な名シーンが出てきたり貴重な撮影秘話などを渡辺謙自身が語ってくれるということで、当時、このドラマを見ていた人にとっては間違いなく楽しめる番組でしょう。

私自身も相当に期待出来る番組です。ドラマ自体は結構昔のものなので忘れていることもあるでしょうし、当時のことを思い出させるというようなこともあったりするのでそういう部分でも楽しめるのではないかなという感じです。

名場面シーンをどのくらい覚えているかな、というのをちょっと楽しみに見たいです。

まとめ

今改めて観るとすると、一部時代にそぐわない感もありますが、1987年の当時は、NHKの大らかさ、朗らかさというものがあり、楽しめました。

 伊達政宗の小田原遅参、当然関白・豊臣秀吉(勝新太郎)に怒られる訳ですが、秀吉は関白と並の武将の格ないし器の違いを見せつけるのです。

あの、パンツ内に薬物を隠して、捕まったという勝新が、無防備で、焦りに苦しむ政宗の前で、立ちしょんべんを。「ガッハッハッ」と。斬れるものなら、斬ってみろ‼︎。斬れなければ、関白の器の大きさに魅了されたのじゃと周りの者に言い広められるぞ!と。ハッハッハッと私も失礼して、もう一回言ってみたい気分で、笑えます…。

 テーマ曲も、1988年の「武田信玄」に次いで2番目の勇猛さではなかったでしょうか。東北の誇る名将に、まだ意外性が感じられたのは、1987年という時代でした。その意外性をメジャーにしたのは、渡辺謙の「独眼竜政宗」。

私にとっても、青春の1ページでしたね。また、見てみたいです。

戦国武将の中で伊達政宗は好きなので再放送の大河ですが見てみたいなと思いました。

渡辺謙さんが主演というのもあります。

勝新太郎さんが豊臣秀吉役で出てるので楽しみにしてます。さすがに今までの大河で一番人気のこともあって豪華な俳優ばかりです。

津川雅彦さんは徳川家康役ですが後の大河ドラマの葵徳川三代でも徳川家康役をされています。葵徳川三代は見たことあるので、独眼竜政宗の時の徳川家康役と葵徳川三代の徳川家康とどう違うのか楽しみにしています。

キャストを見るとすでに亡くなった俳優が数多く出演されています。

いかりや長介さん、勝新太郎さんなど懐かしい俳優さんの演技が見れるのは本当に楽しみです。子役で若い時の後藤久美子さんも必見です。

桜田淳子さんも出てるおられます。名場面なのでみれないかもしれません。総集編ぽいのですべてみれるかはちょっと難しいのかなと思っています。

多分、編集されて良い部分だけ放送されるのかなと考えます。

もし面白ければレンタルして一から見てみようと思います

1987年放送だったので20年以上前の作品です。

殺陣シーンやセット、衣装なんかも今の大河と比べてみたいと思っています。

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020, pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないです

(無料視聴できます)

↓ ↓

大河ドラマ名場面スペシャル見逃し配信再放送動画配信1話~最終回2020