tv

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,大河ドラマ無料視聴1話~2020年6月14日

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~2020年6月14日

2020年6月14日20時からNHK総合で『麒麟がくるまでお待ちください 』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~2020年6月14日

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~/番組内容

東北の名将・伊達政宗の生涯を描き、大ヒットした1987年放送の大河ドラマ「独眼竜政宗」。手に汗にぎる名場面の数々とともに主演の渡辺謙が撮影の舞台裏を語る。

番組内容
「梵天丸もかくありたい」が流行語にもなった、1987年放送の「独眼竜政宗」。歴代大河ドラマで最高視聴率を獲得した作品だ。当時27歳の渡辺謙が“奥羽の暴れん坊”と呼ばれた戦国武将・伊達政宗の生涯を演じ、大ブレークを果たした。父を自分の目の前で殺される悲劇や、母に毒を盛られる不幸な事件、そして勝新太郎演じる秀吉との緊迫した対面シーンなど、手に汗にぎる名場面が満載。渡辺謙が語る貴重な撮影秘話も!

 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「 出演者

出演
高橋英樹,川島明,松村邦洋,伊達みきお,渡辺謙,

語り
桑子真帆

当時戦国大名が活躍していた時代を振り返っていくと、その時代から生きている人などはいるわけがないわけですが、想像で色々と描いていくことができるわけです。

または当時の資料などを参考にして、いろいろと素晴らしさなどを追求していくことができると思いますが、これを見て我々がこれからどうしていけば良いのかと言う事ですが、やはり良いところがかなりある人物たちを紹介してくれると思うので良いところだけを盗んでいき、例えば精神的な気持ちなどを見ていくことでもどのように自分に結びつけていくことによって今後社会活動などをしていくか、精神的に社会活動などをしていくかと言うことに結びつけていけば良いわけですが、参考にすべきところはかなり参考に出来るようなところがあるのではないかと思います。

伊達政宗に関しては、歴史上の事柄などで歴史好きの人たちが好きな人物として有名だと思いますが、どういった人物なのかはかなり注目ができると思います。

「梵天丸もかくありたい」が流行語にもなった、1987年放送の「独眼竜政宗」。歴代大河ドラマで最高視聴率を獲得した作品だ。当時27歳の渡辺謙が“奥羽の暴れん坊”と呼ばれた戦国武将・伊達政宗の生涯を演じ、大ブレークを果たした。父を自分の目の前で殺される悲劇や、母に毒を盛られる不幸な事件、そして勝新太郎演じる秀吉との緊迫した対面シーンなど、手に汗にぎる名場面が満載。渡辺謙が語る貴重な撮影秘話も見ていくことができます。

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~2020年6月14日 楽しみな点

楽しみな所は、独眼竜政宗の名場面を改めて観れる所です。

この大河ドラマの注目ポイントは、主演の渡辺謙さんの鋭い演技と迫力だと思います。
圧倒されるほどの存在感のある政宗役です。

戦国時代の物語なので緊迫した状況やもどかしい出来事なども描かれています。

このドラマを観たら独眼竜政宗についていろいろ知りたくなると思います。

面白そうな所は、勝新太郎さんが、秀吉を演じていた所です。

渡辺謙さんと勝新太郎さんの共演シーンは、豪華ですね。

独眼竜政宗といえば眼帯をした姿が、有名ですが、なぜ眼帯姿になったのかその理由も今回の特番で観たいです。

片倉小十郎役が、誰だったのかも
知りたいです。

政宗と小十郎の関係も見どころだと思うので注目ポイントです。
渡辺謙さんの語る撮影裏話も楽しみです。

戦国時代の物語は、戦闘シーンなど撮影も苦労すると思うのでどれだけの時間をかけて制作したのかなども知りたいです。

幼少時代のシーンも楽しみです。

梵天丸の頃から激動の人生を経て政宗は、どんな考え方になるのかなど知りたいです。
当時の出演者にどんな俳優が、いたのかも楽しみです。

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~2020年6月14日 視聴者感想

戦国ものは結構好きです。

戦国時代というのは動乱の時代で、テンポ良くストーリーが展開することが多いです。

一般的にも戦国武将も人気が高いと思います。男性がメインのことが多いですが、陰ながら支える女性の存在があったり、男勝りな女性も実在した時代です。

今回は伊達政宗を主人公にしたドラマで、それだけでも興味があります。歴代の大河ドラマで最高視聴率を獲得したというのもうなずけます。

さらに主演は世界でも活躍する渡辺謙ということで、一層見たくなります。

もともと渡辺謙の風貌からして戦国武将にぴったりな俳優だと思っていたので、まさにはまり役です。

家族に関する悲劇や不幸な事件もそうですが、一番の見所は勝新太郎が演じる秀吉との緊迫のシーンだと思います。

今やなかなか勝新太郎の演技じたいを目にする機会がないので、貴重なシーンだと思います。また、作品だけではなく、渡辺謙が撮影秘話を語ってくれるということで、より一層作品に対する理解が深まりそうです。

日曜日のゴールデンタイムということで、家族が揃っている家庭も多いと思います。
これを機会に歴史への学びを深めるもよし、家族同士で感想を言い合ったり、父と息子で武将の生き方を語り合うもよし。色んな楽しみかたができる番組ではないかと思います。

まとめ

独眼竜政宗といえば、現在の宮城県を治めていた人です。

生まれた時代が違えば天下を取っていたかもしれないという噂もあった人物です。

その独眼竜政宗を若かりし頃の渡辺謙さんが演じている姿を見られることが楽しみです。

あと、支倉常長役に宮城県では有名なさとう宗幸さんが演じているので、その姿を見られることも楽しみの一つです。

勝新太郎さんが演じた秀吉との対面するシーンは、緊張感を持たせるために初対面で2人で会って撮影したというエピソードを聞いたことがあるので
本気で勝新太郎さん演じる秀吉にビビっている渡辺謙さん演じる政宗の表情を、いつか見てみたいと思っていたので、この番組でそのシーンを確認したいと思います。

改めて、このドラマで伊達政宗の歴史を振り返ったあとには、支倉常長がスペインに行くために使用した船「サン・ファン・バウティスタ」の模型船を見に行きたいと思います。
実は、この船、昔は船の中で見学ができていたのですが老朽化のため入れなくなり、もうすぐ解体するという話が出ているので、無くなってしまう前に目に焼き付けておきたいです。

そして松島町まで足を延ばして伊達政宗資料館で政宗の歴史を振り返ってみたいと思っています。

「独眼竜政宗」はこれまでの大河ドラマの中で平均視聴率ナンバーワンの作品であり、過去の大河ドラマの人気投票をしてもナンバーワンになるほどで、放送当時も現在でも非常に人気の高いドラマですね。実際に当時リアルタイムで見ていましたが、伊達政宗を演じる渡辺謙さんの演技は迫力ありましたし、ストーリー展開も間違いなく面白かったと思います。

また、伊達政宗ということで仙台が主な舞台となった作品ですが、ちょうどこの頃から大河ドラマの舞台が観光集客に成功するという現象がはじまった魁となったドラマだった記憶もあります。さて、ドラマの名場面ですが、なんといっても「梵天丸もかくありたい」とう正宗の子役を演じた子が不動明王を見て言ったセリフでしょう。

このセリフは当時かなりインパクトがあって巷でも使われる機会が結構多かったと思います。

また、戦国時代のライバル大名たちや、伊達家ゆかりの人々など大河ドラマであり出演キャストも豪華なので、それぞれの絡みの一つ一つが見どころといってもいいドラマだったと思います。
特に勝新太郎さんが演じた豊臣秀吉との絡みや、津川雅彦さんの演じた徳川家康との絡み、そして正宗の父を演じた北大路欣也さんとの絡みなど、多数の名優が出演していますので、そういった意味で見たいシーンがたくさんあります。

今回の45分の放送でどのぐらい名シーンをピックアップしてもらえるかはわかりませんが、大いに期待したいところですね。

1987年放送でしたか。名場面集で登場するということで、うれしい限りです。若かりしころの政宗と姫が大好きでした。あの後藤久美子ですね。

このドラマで有名になりました。

私は当時は中学生だったのですが、何て綺麗な子なんだろうと感動したことを覚えています。美しさは本当にピカ1!注目です。(後にジャンアレジと若くして結婚して、すっぱりと芸能活動をやめましたね) そしてまた、「梵天丸もかくありたい」というセリフを真似したものでした。堂々とした演技が印象的でした。

梵天丸の青年期からは渡辺謙ですね。当時27歳ということで若くてかっこいいです。今や国際的な大俳優です。母に毒を飲まされて瀕死で生き延びますが、片目が見えなくなってしまったシーンはとても衝撃を受けました。戦国の世は何と情け無用なのか、親も子も無いのかとショックを受けたのと、これが武士の歴史なのかと自分が日本史に興味を持つきっかけともなりました。若い頃の政宗のエピソードばかり覚えているので、老年期のころはドラマではどうだったか覚えていません
。スペシャルではそこを少しでも放映して頂きたいなと思っています。楽しみにしています。

(無料視聴できます)

↓ ↓

独眼竜政宗,見逃し配信,再放送,無料視聴1話~2020年6月14日