バラエティ倉庫館

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト

2020年6月16日22時30分からNHK総合で『プロフェッショナル「逆境を、強さに変える~陸上選手・山縣亮太~」』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト

プロフェッショナル 仕事の流儀/番組内容

日本選手の100mオリンピック記録を2大会連続で更新してきた陸上短距離のエース。未熟児で生まれ、逆境を乗り越えるたびに強くなってきた“ミスター逆境”の流儀。

番組内容
陸上短距離のエース・山縣亮太(28)。日本選手の100mオリンピック記録を2大会連続で更新。リオ大会では400mリレーで銀メダル。山縣の真骨頂は「逆境を乗り越える力」にある。未熟児で生まれながらも、ケガなどの逆境を乗り越えるたびに強くなってきた。東京大会に向けた勝負のシーズンも、病気や故障などの逆境に次ぐ逆境。そしてコロナ禍がー。誰もが逆境に立たされている今こそ届けたい、“ミスター逆境”の流儀。

プロフェッショナル 仕事の流儀 出演者

出演
陸上選手…山縣亮太,

語り
橋本さとし,貫地谷しほり

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年みどころ

プロフェッショナル、この番組はいいですよねえ、いつ見ても感動します。またテーマ音楽がすごくいいです

。逆境を、強さに変える陸上選手、山縣亮太さん、私は初めて名前を聞きましたが、すごい方ですね。是非見て、自分も彼から学ぼうと思います。

日本選手100mオリンピック記録を2大会連続で更新、リオ大会では400mリレーで、銀メダル、素晴らしいです。

彼の真骨頂は、逆境を乗り越える、これまたすごいです。未熟児で生まれ、怪我を乗り越え、その試練を乗り越えるたびに、強くなってきた方、若くてもすごい方ですね。

ご両親が、きっと素晴らしい方なのだと思います。

私は、先日、リウマチと診断され、それでなくても更年期で病気が増え、体調が悪くたまに、ものすごく辛くなることがあります。

しかし、彼のように、逆境を乗り越えるたびに、強くなるとか、逆境が真骨頂とか、とてもじゃないけどできません。若い彼から、番組をしっかり見て、学びたいです。

性格もあるのでしょうね。

なかなか50過ぎると性格は変えれませんが、番組を見て、自分なりに努力していきたいと思っている所です。ミスター逆境の流儀って何なのか探りながら見ようと思います。本当に素晴らしいですね。

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト 楽しみな点

具体例を挙げると、ラグビー日本代表の五郎丸選手は独特のルーティーンを持っています。女子バレーボールの中田久美監督は「心は折れてなんぼ。

私はいつも折れている。そこからどう立ち直るかが自分次第」という考えの持ち主です。

元女子柔道選手の谷亮子さんは日頃でちょっとした何かがあると、そのことをプラス思考にとらえる人だと以前谷亮子さんの旦那さんが言っていました。

こういった事は、アスリート選手だから役に立つ訳ではなく、私達、一般市民も自分の仕事、育児、人間関係等に役立てられることが多いです。

今現在、人生が長くなった割にはマイナスに感じることが多いのではないでしょうか。

これからの時代を引っ張ってくれる28歳の若きアスリートがどう逆境を乗り越えて来たのかを知ることは良いことです。

新入社員は何を考えているのか分からないという様な中堅社員、管理職社員の方もおられるでしょう。

昔に比べると、今の若い者はメンタルが弱いと思って、頭を抱えている人にもおすすめの番組でしょう。

あなたの頭の中の暗闇にパッと光がさすかも知れません。

自分の性格を変えることは難しいでしょうが、行動を変えることはできるでしょう。

「押してもダメなら、引いてみな」という感じです。番組を見て、何か一つでも参考になることがあれば、ラッキーと思いましょう。

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト 視聴者感想

9秒台を出した桐生選手やサニブラウン選手が注目されますが、個人的には山縣選手が一番強いと思っています。

これまでの日本人選手は、国内で10秒10前後を出していたとしても、オリンピックや世界選手権になると10秒30~40ということが多かったような気がします。

やはり緊張もあるでしょうし、ピークを合わせるのが難しいというのもあると思います。

100mの準決勝で勝負するには、その大舞台で最低でも自己ベストに近い記録を出すということが必須だと思うので、その点で大舞台に強い山縣選手は、実はオリンピック100メートル決勝に最も近い日本人選手なのかなと思っています。

山縣選手個人としても注目していますが、やはり金メダルも狙えるリレーメンバーは誰が選ばれるのかは気になりますね。

かつてないほどレベルが高い争いになると思いますが、スタートに定評のある山縣選手が第1走者に入るのがベストなのかなと思っています。

あいにく怪我などで逆境の中にあるようですが、東京オリンピックが延期されたのは、山縣選手にとってある意味ラッキーだったのかもしれませんね。

あとほんの少し追い風があれば9秒台を何度も出せたはずの山縣選手が報われる日が来てくれるといいなと願っています

まとめ

まず『ミスター逆境』というネーミングがすごいですね。

そしてそう言われていることがかっこいいと思いました。

オリンピックに出るような人は少なからず逆境に強くないといけないと思うのですが、その中でもずば抜けた強さがあることが想像つきます。

どんな場面においても逆境に強い人って最強ですよね。

憧れます。自分もそうなりたいなとは思いますが、なかなか思うようにはなれないのが現実です。この番組を見ることで逆境に強く慣れるコツみたいなものが少しでもわかればいいなと淡い期待も持っています。

山縣亮太さんが逆境に立ち向かう姿を見て、自分自身の考え方にプラスになるかと思っています。

どちらかというとすぐ諦めてしまう性格なので、ミスター逆境を見習いたいですね。

陸上には詳しくないですが、山縣亮太さんについて詳しく知ることで陸上についての情報も得たいと思います。

興味を持って見ると楽しさが広がるのではと思っているので、今後の陸上競技の大会などがが今までより楽しく見れそうです。

また貫地谷しほりさんが好きなので、彼女がどんな語りをするのかも楽しみにしています。頑張っている人を見るとやる気が出るのでこの番組を見た後は仕事なんかもやる気が出そうですね。番組視聴を楽しみにしておきたいと思います。

—リオオリンピックの時のリレーはリアルタイムでドキドキしながら見ていたのを覚えています。もともと陸上競技は好きで自分も競技をしていたこともあり、テレビ中継をしている際は必ず見ていました。

しかし、海外選手は体の大きさも筋肉のつき方も違うので、日本人がオリンピックでメダルを取ることなんてできないと思っていました。

そのため、このリレーのことはとても記憶に残っています。

その中でも山縣選手はいつも記録を塗り替えて常に先を目指して結果を出している人なので、彼の生き様やどんな試練に立ち向かってきたのかなど、とても興味があります。

常に更新し続ける人というイメージでしたがミスター逆境と言われるその試練を知ることができたら、より彼へのリスペクトできると思いました。

そして東京オリンピックを開催できたときに彼の走りが観れるのならば、いつものオリンピックよりも全く違った景色が見れるのではないかと感じました。

また、逆境を乗り越えた彼の言葉は、今困難に立ち向かっている人に一番届く言葉のように感じました。

これをみた多くの人が勇気と元気と、これから頑張って行こうという前向きな気持ちになれる番組になっていたらいいなと思いました。

–陸上の100mや100m×4リレーで日本人選手に大きな期待をされるのは私が子供の頃には夢のような話でしたので何人もの選手が五輪の舞台で決勝に進む可能性がある現在や現実に五輪でリレーがメダルを獲得できた事は本当に快挙とも思えます。

その中の一人の山縣亮太さんにも勿論注目もしていますし期待も大きいです。

リオ五輪でのリレーの銀は本当に興奮しましたし、東京五輪では再び山縣選手が日本のリレーの選手に選ばれる事を切に願っていますし、年齢的にもリーダーとも言えますし日本のチームを引っ張っていくだけの資質も感じていますので日本のチームをうまくまとめて一致団結してリオよりも1つ上の最高の色のメダルの期待をしています。

個人の100mの方でも9秒台を出してぜひとも決勝に進んで欲しいですし9秒台を出せる力があると信じています。

しかし彼がミスター逆境とまで言われる人生を歩んできた事は全く知らなかったので驚いています。未熟児で生まれたというのも衝撃的でしたしケガをしたというニュースは見聞きしてきましたが病気までしていたとは知りませんでした。

私は逆境がある度に逃げたくなったり落ち込むだけの性格なだけに山縣選手が数々の逆境とどう向き合いどう克服してきたかにはとても関心がありますし、ぜひ彼の話を参考にして今後の人生に大いに役立てたいと思いました。

最近は山縣選手の映像をずっと見ていない事にも気付きましたので久しぶりに見られるという点でもとても楽しみです。-

-逆境をバネに頑張っていこうと言う姿勢はさすがだと思いましたし、今の時代に必要なものなのではないかと思っています。

やはり今の時代こそ、スポーツ選手にとっては特に、大変な時期になっていると思うわけですが、スポーツ選手としてやはりこういう時にどういう生き方をしているのかと言うことを見せておいた方が、日本全国の多くの人たちを励ましていくこともできると思いますし、どういう生き方をしているのかと言う事は見せておいた方が良いでしょう。

プロフェッショナル仕事の流儀と言う番組にも似ていると思いますが、どのようなプライドを持って仕事をしているのかと言うことを見ていく上でも、大事な番組になるのではないかと思います。陸上短距離のエース・山縣亮太(28)。

日本選手の100mオリンピック記録を2大会連続で更新。リオ大会では400mリレーで銀メダル。

山縣の真骨頂は「逆境を乗り越える力」にある。未熟児で生まれながらも、ケガなどの逆境を乗り越えるたびに強くなってきた。東京大会に向けた勝負のシーズンも、病気や故障などの逆境に次ぐ逆境などがあり、それをどう乗り越えていくのかと言うような思いなどが見れるような番組になっていると思うので、目が離せないような番組になっているのではないかと思います。

銀メダルと言うところはかなり惜しいところまで来ているわけですから、次は金メダルを目指せるように、最大限の努力をしている最中だと思います。

(無料視聴できます)

↓ ↓

プロフェッショナル 仕事の流儀, 山縣亮太,動画6月16日2020年無料視聴できるサイト