バラエティ倉庫館

bgドラマ,2020,見逃し配信,身辺警護人,続編,2期再放送/シーズン2

bgドラマ,2020,見逃し配信身辺警護人,続編,2期/再放送/シーズン2

2020年6月18日21時からテレビ朝日で『BG~身辺警護人~ #1』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

BG身辺警護人2020無料視聴まとめ(6月18日)は、こちらをクリック

BG~身辺警護人~/番組内容

木村拓哉×ボディーガード…新シリーズついに始動!ある事件をきっかけに会社をクビになった章(木村拓哉)は、殺人疑惑のある元受刑者の男をたった一人で守ることに…!?

◇番組内容
あれから2年以上が経ち、島崎章(木村拓哉)ら民間ボディーガードがかつて勤めていた会社は、劉光明(仲村トオル)率いる外資系大企業に吸収合併されていた。VIPの警護しか受けない劉の経営方針に反発し会社をクビになってしまった章は、過失致死罪で服役中の松野信介(青木崇高)が出所した後の警護依頼を一人で引き受ける。警護中、様々な脅威にさらされるなか、突如、章の元同僚・高梨雅也(斎藤工)が現れて…!?

BG~身辺警護人~ キャスト

島崎章 … 木村拓哉 高梨雅也 … 斎藤工 菅沼まゆ … 菜々緒 沢口正太郎 … 間宮祥太朗 中島小次郎 … 道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.) 笠松多佳子 … 市川実日子 小俣健三 … 勝村政信 劉光明 … 仲村トオル

ゲスト
松野信介 … 青木崇高 坂上司 … 神保悟志

BG身辺警護人(見逃し配信/再放送/1話/配信/フル)2020の2期(6月18日)ストーリー性

前作を見てから続編を密かに期待していたので続編決定に歓喜しました!木村拓哉さん主演のドラマはたくさんありますが、私は『BG~身辺警護人~』が一番好きなので続編はかなり楽しみにしていました。

始まりでいきなり章(木村拓哉)がクビになっているということが衝撃です。ある光景を目にしたことが原因ということですが、章が何を目撃したのか非常に気になります。章にとって信じられない光景なのか、誰が見てもそうなのか、章が退社する理由を楽しみにしておきたいです。クビになっても警護をする章にプロ意識を感じますが、たった一人で殺人疑惑のある元受刑者の男性を警護するとかできるのでしょうか。

日出警備保障を買収した会社社長役の仲村トオルさんの役柄も楽しみの一つです。

嫌な上司といった役柄なのかと予想していますが、実際のところはどうなのかなと気になっています。

最初嫌な奴だったのが後に良い奴に変化していくという流れなのかとも予想しています。

仲村トオルさん以外にも新メンバーが多数出演されるのが見どころだと思っているので、早く放送が見たいです。

今回も前作同様に最後に敵だと思っていた人が味方になるような感動が待っているのかと思うと楽しみです。

–上司の命令が絶対な縦社会で生きていると、このようなタイプのドラマを見るととてもワクワクします。上司の指示通りに動くことで周りから賞賛され、評価を得て、逆に反発するとすぐにはじかれてしまうような世の中に疑問を持ちながら生きている人はとても好きなドラマだと思います。

「身辺警護人」という職業にも興味があります。彼らはどのように依頼人を守るのか、個人以外にも身辺警護人たちのチームプレーにも注目して見たいと思っています。アクションシーンも好きなので、たくさん含まれていることにも期待したいと思っています。また、主人公がなぜ服役後に出所した人物を警護することになったのかにもとても興味があります。最初は依頼を断るつもりで出向いた刑務所で面会した時に2人はどのような会話をしたのか、主人公はその人物に心が動かされるほどの何かを感じたはずです。

その2人のやり取りにもとても興味があります。

そして、主人公が目撃した「信じられない光景」とは何なのか。それがこのドラマのポイントになっていると思うのでとても気になっています。

もしかすると服役していた人物は冤罪なのかもしれないなと様々な想像を膨らませながら、ドラマを見たいと思っています。–新章は「チーム戦」から「個人戦」になると知って、とにかく驚きました。一番注目するのはそこです。と、いうことは「誤差なし」もなしなのかなと思ったけれど、どうなってしまうのでしょうか。

島崎晃は「組織」から「私設ボディーカード」へ変わるようなのですが、ボディーカードを一人でやるということなのでしょうか。警備の仕事はチームでやるものかと思い込んでいましたが、セレブを一対一で警護したりするのかもしれない。晃の警護対象がどんな人物なのか楽しみです。政治家だけでなく、大物ミュージシャンや芸術家の警護なども見てみたいです。

前作が大好きだったために、設定が大きく変わってしまうことに驚きですが、でも、常に新しい事へとチャレンジし続ける木村拓哉さんの主演ドラマらしいなあとも感じます。また、気になるキャストは勝村政信さんです。

勝村さんといえばかっこいいけれどおちゃめなところもある優しい男性のイメージですが、今回「組織に追従する男」ということで、クールな役柄なのでしょうか。そういえば主題歌はあるのでしょうか

BG~身辺警護人~ 楽しみな点

。–ボディーガードの主人公、島崎章役の木村拓哉さんが、とにかくかっこよくて、ドキドキワクワクしながら見ていた前シリーズ。

新シリーズは、新たなキャストと島崎がどのように絡んでいくのか期待が高まります。

私が大好きだった上川隆也さんに代わり、今作で身辺警護課の新課長・小俣健三を演じる勝村政信さんがドラマの中で独特の存在感をアピールしてきそうなので、その点にも注目しています。

前作から共にボディーガードを務める高梨雅也役の斎藤工さん、菅沼まゆ役の菜々緒さん、沢口正太郎役の間宮祥太朗さんの顔触れは今シリーズでも変わりませんが、仲間の関係や絆に変化はないのか、それとも新たな展開があるのかなど、その点も要チェックです。

第1話では、島崎は、服役中の松野信介から出所後の警護を頼まれます。

この松野が曰く付きの人物のようで、島崎はそのために会社を首になり、ひとりで松野の警護をすることになります。刑に服している松野が起こした事件とは何か、そこにどのような真実が隠されているのか、など、スリリングな展開が予想され、大きな見どころになっていると思います。クライアントを守るのがボディーガードの仕事ですが、島崎が葛藤しながらも様々なことに対峙していく姿に目が離せないこと間違いありません。

まとめ

最近、「このサイトをアップしてから」「見逃した人に感謝して貰えるから」と悪意なくアップしようとしてる人に「それ、違法だよ」と見えない誰かが言っているCMをよく見るようになりました。違法なのは購入したブルーレイなどをダビングして販売してしまうとか、映画館や劇場で禁じられている録音や録画のことだと思っていましたが、「違法」はもっと小さなことにも当てはまると、このCMで知りました。

私は自分のブログで週刊誌やタレント雑誌の一部のページを写真に撮ってアップしていましたが、これも違法なのかと思いアップするのを止めました。知らないうちに自分が悪いことをしてしまっていた恐怖と少しの罪悪感。

こんな気持ちを感じることもなく、違法と分かって知らない誰かを誘い出す怖い人がいることが怖いと思うとともに、知りたいことをタップしてるだけで誘導されてしまうかもしれないことにキカイ音痴でどこかしら無知な私なら誘われかねないと思ってしまいます。

これをタップするとお金が掛かるんじゃなかかとか、あとから膨大な請求書が来てしまうとか「オレオレ詐欺」みたいに人の好意や不安を煽って頭を使って気持ちを使わないで悪いことをして楽しむ理解しがたい人達も残念ながらたくさんいます。

ネット社会になってしまった今、誘導されないように勉強しなければいけないとも思っています。–近年、違法コンテンツのリンクをまとめた著作権を侵害するサイト、いわゆる海賊版サイトが増加してきています。

確かに、漫画や映画、音楽、雑誌コンテンツがインターネット上で無料で見れるとなれば、インターネット利用者は喜び、嬉しいと感じ、アクセス数が増えると考えられます。そのため、リーチサイトを運営している側に収益が発生する可能性があります。

しかし、これらの行為は著作権侵害を助長させる行為になり、違法行為なのです。

私自身も無料で音楽や漫画が見たいと感じ、実際に見てしまったことがあります。リーチサイトで著作権侵害のコンテンツは、運営する側もそうですが、見ること自体が悪い行為です。私がなぜ、そのコンテンツを見てしまったのか。

それは、インターネット上で無料で漫画やアニメを見る行為が違法だということを知らなかったからです。違法行為だと知ってからは、一度もリーチサイトを検索していませんし、視聴もしていません。

リーチサイトにより、漫画家や出版社の収入や売り上げも奪われています。

インターネット上に違法コンテンツを上げることは犯罪ですが、リーチサイトを一切なくすことは厳しいと考えられます。そのため、リーチサイトへの規制を推進しなければなりません。また、利用者も著作権侵害サイトを見ることは犯罪であるという意識を持つことが重要であると私は思います。

–どうにかしてほしいと思っていることは、ネットにアップされている著作権を侵害した違法サイトは処罰の対象にまだなっていないということです。違法にアップロードされたものだと知っていてダウンロードする行為は処罰の対象になることが決定しています。しかし、肝心なアップロードした側の方は何も罰せられることがないというのは違和感があると思うのはわたしだけではないはずです。製作側が時間とコストをかけて作った作品を、どこの誰だか知らない人がネットで無断で配信しているなんてとんでもないことです。

昔は日本は海外に比べたら著作権や肖像権の問題に関して厳しいなと思っていましたが、サイトサイトが普及してからはますます違法サイトが増えているように思います。

スマホが普及したことも違法アップロードのサイトが増加した理由の一つではないでしょうか。高校生くらいの子たちもSNSでテレビ番組をキャプチャーしてサイトを一部載せているのをよく見ます

。一部だけなら平気と思うかも知れませんが、一部だけでも違反なものは違反です。残念なことに違法アップロードされたサイトをダウンロードする行為は後を絶たないようです。でも摘発されるのは本当に一部だけなのです。違法ダウンロードがされないようにする為には、元になっている違法アップロードを撲滅することが大事だと思います。

↓ ↓

BG身辺警護人2020(見逃し配信/再放送/1話/配信/フル)2期無料視聴まとめ(6月18日)は、こちらをクリック