バラエティ倉庫館

GODZILLA 動画ハリウッド6月20日2020年土曜プレミアム,テレビ放送地上波

土曜プレミアム

GODZILLA 動画ハリウッド6月20日2020年土曜プレミアム,テレビ放送地上波

2020年6月20日21時からフジテレビで『土曜プレミアム・映画「GODZILLA ゴジラ」【2週連続巨獣SP第一弾】』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

GODZILLA 動画ハリウッド土曜プレミアム,テレビ放送地上波6月20日2020年

土曜プレミアム GODZILLA ゴジラ/番組内容

2週連続で巨大な獣たちが出没する映画を見られる特別企画の1弾目は日本人にもなじみの深いゴジラがハリウッドでリメイクされたもので、映画の設定がリアルだなと思います。

例えば、ゴジラが潜んでいたのが原子力のあるところって最近の日本人にはなんだか身近な題材だなと思いました。

フィリピンと日本、サンフランシスコと世界中の大きな事故とゴジラとの関係は、ハリウッドということは、ゴジラ以外にもモスラとかこれまでのシリーズで戦った怪獣たちが登場することもあるのでしょうか。

振り返ってみると、ゴジラってなんでしたっけ、畏怖畏敬の大賞みたいなゴッドの意味合いを持っている破壊神だったりシンプルに怪獣だったりと、イメージがあやふやなかんじがします。

さらに普通の生活をしているところにどうして怪獣が現れたのか、どこに住んでいるのかまったくわからない、でも、自分たちが普通に行動している土地でゴジラがいるなんて思ったら何だかワクワクすると思います。

ゴジラは敵か味方か、芹沢博士は悪魔か人類を救うためのいい人なのかわからないですが、土曜日の放送をもって世界観を楽しみたいと思います。こわーいプロジェクトっていったいなんだろうな。

土曜プレミアム GODZILLA ゴジラ キャスト

フォード・ブロディ大尉: アーロン・テイラー=ジョンソン(小松史法)  芹沢猪四郎博士: 渡辺謙(渡辺謙)  エル・ブロディ: エリザベス・オルセン(波瑠)  サンドラ・ブロディ: ジュリエット・ビノシュ(山像かおり)  ジョー・ブロディ: ブライアン・クランストン(原康義)  分析官: (佐野史郎)  電車アナ他: (倉敷保雄)

GODZILLA 動画ハリウッド土曜プレミアム,テレビ放送地上波6月20日2020年ストーリー性

ゴジラの海岸版がすごく注目されていましたよね。ゴジラは、日本ではすごい影響を受けた素晴らしい作品だと思っています。巨大な怪獣を見たときの人間達の反応や行動は、恐ろしいものに出会ってしまった時の反応にすごく似ていると思います。

恐れをなして逃げるもの、恐れはするが立ち向かうもの、恐れすらせず、ただ殺そうとするもの。恐れはするが近付こうとするもの。

まだまだ例えはありますが、大体はこんな感じでしょうか。自分ならどうするかなと当てはめてみたり、そうするのかと驚かされたり、いろいろな楽しみ方があるなと感じます。

注目点は、やはり海外らしいダイナミックな表現でしょうか。

日本の映画ももちろん素晴らしいですが、海外のダイナミックな表現や美しい映像は、洋画を見るときの楽しみの一つでもあります

面白そうな点は海外のゴジラがどのように暴れまわり、どういった人と関わっていくのか。その関わった人達によってゴジラの行動はどう変わっていくのかが見どころだなと思いました。

日本の作品なら、ゴジラが人間と関わり優しい一面も見せたりしますよね。

私は、そんな優しくてあったかい作品が好きだから、少しでもそういったシーンがあるのを希望して楽しめたらいいなと思いました。

。日本を代表して渡辺謙さんなどが出演する本作はとにかくケタ外れのスケール感で興奮する内容のようです。とかくチマチマした話題の多い現代に有無を言わさず突然、現れては人々を恐怖に陥れる謎の巨大生物。

ひたすら破壊を繰り返す制御不能なその存在の意義はきっと「共感性」かもしれないと私は思います。群衆が同じように恐怖を抱き、自分もその世界に引き込まれる現象になぜか、見終わった後におとずれる不思議な安心感や連帯感は一体なぜでしょうか。

例えば不条理な設定のゾンビ映画が流行する時代背景に“不況”や“恐慌”などの要因があると言われています。

ゴジラ映画も何か“逃げようのない強大な力”と“それに立ち向かう人智”の対比や恐怖から解放された時の安堵がジェットコースターのように機能しているような気がしてなりません。ついつい、つまらないニュースばかりが目について仕方がいという方にこそ、この映画を観て週末の鬱憤を晴らして欲しいですね。

–ゴジラはこれまで聖愛k中でリメイクされたりと人気があるキャラクターだと思います。

それが今回新たな技術を使って新たな展開をするゴジラはいろんなところからのバックアップを受けて復活したようで、リアルタイムで劇場に足を運んだわけではありませんが、ドラマでよく見る役者さんが映画ならではのスケールと雰囲気で違った魅力を見ることができるので楽しみだなと思います。

しかも放送されるのはみんながっまったりしている土曜日の時間帯、そのほかのテレビ局で見たいものが少ないしと久場綱よるとして家でゴジラを見るのもいいかなと思います。

なんだかスケール間の違いやゴジラの顔の変化に戸惑うと思います。でも1999年という時代設定や懐かしさから現代の物に至るまでゴジラ独特の世界観に浸ることのできる仕掛けもたくさんあってハリウッド、原子力などのキーワードがどのように絡まっていくのかをテレビを通してみていきたいかなと思います。

ゴジラは芹沢博士によって研究されているだけの存在なのかゴジラを利用して何かを計画しているのかまだ本編を見たことのない自分にはわからないことだらけです。でも、この作品には石原さとみさんも出ていたはずそのシーンが楽しみです。

–ハリウッド版ゴジラの登場ですが、1998年にもハリウッドでゴジラが映画化されていることはよくご存知かと思います。

しかし、1998年版ゴジラは日本でお馴染みのゴジラとは違う『現代に蘇った恐竜』といった方がよい外見や特徴でした。すでに炎上しているところに息を拭きかけるような行為で炎上を増大させるシーンはありますが、それは口から光線を放つというものではありません。こういった点は日本のゴジラファンには物足りなかったでしょう。

さて、今回放映のものは2014年に公開されていますが、1998年版の敏捷に動く恐竜とは真逆の重厚さがあって日本版のさまざまなゴジラとは異なるフォルムながらも『らしさ』が感じられます。

「こいつも光線出さないのか」と思い始める頃を見計らかったかのように青白い光を放ってもくれます

GODZILLA 動画ハリウッド土曜プレミアム,テユーザーレビュー

ギャレス版ゴジラといえば、その巨体が話題になりました。体長108メートルは、2016年にシンゴジラに抜かされてしまったものの、2014年の公開時には断然トップでした。また全体が筋肉質でずんぐりとしたシルエットは、日本のスレンダーなゴジラとは違うアメリカらしさだと特撮ファンを驚かせました。

この恵まれた体格になった理由は、最終決戦地のサンフランシスコの高層ビルに見劣りしないためだと言われています。

私が海外旅行の地にアメリカを選んだのも、ひとえにこれが理由でした。灰色の空に突き刺さる、見上げると立ちくらみしそうになる摩天楼。これがゴジラに破壊された街なのだと感無量でした。

ゴジラだけでなく2体のムートー、これらの規模の怪獣たちが現実に相対したら終末を覚悟するでしょう。そして世界の渡辺謙にも注目です。

もはや海外映画における日本リスペクトには欠かせない俳優です。この映画でも、初めて「ゴジラ」という単語を発するという名誉な役に選ばれました。しかも監督の指示では英語発音の「ガッジーラ」だったにも関わらず、本番ではアドリブで日本発音にしたそうです。

この第一声の「ゴジラ」は、アメリカで上映されたときに観客から歓声が上がったと聞きました。このようなエピソードを聞くと、日本を代表する俳優が渡辺謙でよかったと思えます。

まとめ

放映当時、テレビなどで話題になっていましたが、まだ見られていなかったので、ぜひ見てみたいです。ゴジラといえば、シン・ゴジラの方は見たことがあり、かなり印象的な映画で、危機が起こった時に政府がどう対応しそうなのか風刺するようなシーンがあったり、ヱヴァンゲリヲンのの音楽がインパクト大でした。今回放送されるものは、同じゴジラを扱っているため、どこが共通していてどのような違いがあるのか注目しています。あらすじを読んでみると、今回の映画の方がゴジラの誕生に人間が積極的に関わっている感じだったので、なぜそうなったのか注目だなと思います。また、ハリウッド映画だけど日本が舞台になっているシーンが多そうて、そこも見所だなと感じます。知っている場所や有名な場所も映るのかなと気になります。また、ゴジラは原爆や水爆がモチーフになっていると聞いたことがあるので、原子力発電所が絡んでくると考えさせられます。そして、なんと言っても映像が大迫力だと思うので、そこに注目すると面白そうです。音楽や効果音なども欧米っぽいのかな、なども気になります。ハリウッド映画は華やかで派手で豪快というイメージがあるので、暗いイメージが強いゴジラがどうなるのか注目です。—『土曜プレミアム・映画「GODZILLAゴジラ」【2週連続巨獣SP第一弾】』の注目点や面白そうな点について書きます。ゴジラといえば、日本発祥の作品ですが、今回はハリウッド映画になっています。ハリウッド映画になっているという点でも興味が湧きます。外国人の監督の視点で作った時、日本人が作るゴジラとどのように違うか見てみたいです。ゴジラが作られるきっかけとなったのは、昔起きた水素爆弾の事故でした。この事故の怒りの象徴のような存在がゴジラです。その怒りの象徴であるゴジラは、凶暴さや怖さだけでなく、どこか悲しさを感じてしまうのは私くらいでしょうか。個人的には、ゴジラを見るとダイナミックなストーリーと共に切なさを感じてしまいます。ハリウッド版ゴジラでは、ゴジラがどのような描かれ方をされているか気になります。また、この作品には日本人俳優として渡辺謙さんと佐野史郎さんが出演されています。この2人は、2020年3月に公開された「Fukusima50」に出演されており、渡辺謙さんは福島第一原発の吉田所長役、佐野史郎さんは内閣総理大臣役を熱演されていました。形は違えど、このゴジラも原子力発電所が物語に絡んできます。「Fukusima50」を見た者としては、このゴジラでの2人の演技や役どころがどんな感じなのか併せてチェックしてみたいです。–GODZILLAは、子供の頃にテレビで見たあのゴジラが、ハリウッドで映画化されたというところがとてもすごくてどんなストーリーなのか見てみたいなと思いました。強くてカッコ良くて凶暴なゴジラが、ハリウッドの手で動かされたらどんな迫力と綺麗な映像なんだろうかと楽しみです。しかも、舞台が日本というところもすごく良いなと思いました。日本の原子力発電所でゴジラの秘密裏の計画が行われているようだけど、ゴジラは人為的に作り出されたものということなんだろうかととても気になります。1999年、サンドラは原子力発電所の突然の崩壊で亡くなってしまったけれど、これは事故なんかじゃなく、ゴジラの仕業ということなんだろうなと思いました。2004年までの5年間の間に、ゴジラがどれだけ進化したのかにも注目したいです。また、日本ではゴジラの研究をして何をするつもりだったんだろうかと思いました。サンドラの死の真相が明らかになったとき、ジョーとフォードがどんな行動をするのかドキドキします。ゴジラがサンドラの仇であるかもしれないけど、ゴジラを倒すなんてことができるんだろうかと気になります。迫力のある映像を見られることを楽しみにしています。—昔からゴジラは有名です。子供からお年寄りまで誰もが知っている日本映画でしたが、とうとうハリウッド進出とは今回驚きました!俳優も顔負けなくらい国際的になりました。渡辺謙さんと一緒に出演ですからね。しかも「god・ジーラ」と呼ばれるくらいだから、本当に神がかっています。国際的になりました。また、昔のゴジラは直立型でしたが、今回の彼は流線型になっていて動きも前よりずっと早くて機敏とのこと。顔もシュッとしていてイケメンになったということですね。CGの要素が大きいのかなとも思いますが。きっと、倒すのは難しいでしょう笑。とはいえゴジラは悪者なんだけれど何か憎めない。今回も人間の原子力という現代のエネルギーが原因だとか。結局人間のエゴが要因になっているところがあるからゴジラも被害者ということになりますね。そしてゴジラの出現に対して、何も対策が進まなくて、右往左往している政府がまるで、今の日本政府そのままの姿だという意見を聞いたことがあります。その辺りも注意して観ると、興味深いかもしれませんね。全体的にストーリーがちゃんと成り立っていてとても面白いとのことで、ぜひおすすめです。私も観る予定です。とても楽しみです。

GODZILLA 動画ハリウッド土曜プレミアム,テレビ放送地上波6月20日2020年pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

↓ ↓

GODZILLA 動画ハリウッド土曜プレミアム,テレビ放送地上波6月20日2020年