tv

国盗り物語,ドラマ,動画,見逃し配信再放送nhk/大河ドラマ2020年6月21日まとめ

国盗り物語,ドラマ,動画,見逃し配信再放送nhk/大河ドラマ2020年6月21日まとめ

2020年6月21日20時からNHK総合で『戦国大河ドラマ名場面スペシャル「国盗り物語」』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

国盗り物語,動画,見逃し配信再放送2020年6月21日

国盗り物語/番組内容

1973年放送「国盗り物語」。一介の浪人から大名にまで上りつめた斎藤道三。その志を継いだ織田信長と明智光秀。「麒麟(きりん)がくる」にもつながる名場面が続々登場

番組内容
明智光秀、斎藤道三、織田信長など「麒麟(きりん)がくる」で中心をなす武将達がこぞって登場する「国盗り物語」。1973年に放送した司馬遼太郎原作の作品だ。注目は希代の女ったらしとして描かれた“美濃のまむし”こと斎藤道三の成り上がり人生。信長と光秀との緊迫したやりとり、そして本能寺の変だ。名場面の数々を紹介するとともに信長を演じた高橋英樹、光秀を演じた近藤正臣、深芳野役の三田佳子が当時の秘話を語る。

国盗り物語 キャスト

高橋英樹,川島明,近藤正臣,松村邦洋,三田佳子,

語り
桑子真帆

国盗り物語,動画,見逃し配信再放送2020年6月21日ストーリー性

織田信長や明智光秀、豊臣秀吉が活躍した戦国時代は歴史的にも華やかで盛り上がった時期だと思います。この国盗り物語は、斎藤道三にスポットを当てたという点でも興味深いです。斎藤道三は、個人的には名前しか知らずどんな武将だったのか知りませんでした。

今回、斎藤道三が女好きで成り上がりをした人物だということをあらすじで知りました。

そのサクセスストーリーが現代の組織に生きるサラリーマンにも通じる物を感じます。

原作が司馬遼太郎さんだということも注目すべきポイントです。

司馬遼太郎さんは歴史小説を書かれる作家の中でも名の知れた人です。

そんな作家さんの小説が原作で作られる大河ドラマなら面白くないわけがありません。それに、大河ドラマは通常1年間くらい続く作品です。

そのドラマの中で名場面を集めているのであれば、見応えがあるのではないでしょうか。ドラマの内容も1時間で知ることができ、名場面ばかりを見せてくれるなんて視聴者としては嬉しい限りです。

加えて、この番組は国盗り物語に出演されていた俳優の方々が出演してくれるということなので、撮影秘話や裏話などが聞けそうで楽しみです。

道三(平幹二朗)の生涯を、後半はともに天下統一を目指しながら、最期は本能寺で相見えることになる織田信長(高橋英樹)と明智光秀(近藤正臣)の生き様を全51話で描き、最高視聴率29.9%、平均視聴率22.4%(関東地区)を記録しました。

2020年の大河「麒麟がくる」と時代背景や歴史上の人物が同じなので、おそらく「桶狭間の戦い」「本能寺の変」といったシーンもオンエアされると思います。

6月7日に放送された第21回「決戦!桶狭間」や、今後再開される放送と見比べてみるのも一興です。

また、番組では、信長を演じた高橋英樹さんと光秀を演じた近藤正臣さんがスタジオに登場。

当時の“撮影秘話”を披露してくれます。お互いまだ20代だった二人が、どのような想いで撮影に臨んでいたのか、そしてどのようなエピソードを語ってくれるのか、とても楽しみです。

ちなみに、「国盗り物語」では、高橋さんや近藤さんだけでなく、豊臣秀吉を演じた火野正平さんと濃姫を演じた松坂慶子さんも当時20代でした。

名場面では、きっと若さあふれる彼らの熱演を堪能できると思います。

–1973年に放送された大河ドラマということなので、そのドラマの存在自体は知りませんでしたが、今期放送をしている麒麟がくるに登場している、明智光秀と斎藤道三、織田信長などの武士たちが登場するドラマということなので、興味が深まりますね。このドラマのことを知ることによって、ますます放送される麒麟がくるがより面白いものになることを期待しています。

司馬遼太郎が原作のドラマということなので、素晴らしいできになっているのは言うまでもないかもしれませんね。

物語というのは美濃のまむしと呼ばれた斎藤道三の成り上がり人生を女たらし感満載でお届けしてくれるということなので、とても人間くさい男性物語を楽しむことが出来るのではないでしょうか。このドラマでは、本能寺の変などのシーンも描かれているようなので、信長と光秀との緊迫したシーンも楽しむことができるのではないでしょうか。

ドラマの名シーンを紹介しながらドラマの魅力を語ってくれるということなので、信長を演じた高橋英樹さんや、光秀を演じた近藤正臣さん、そして深芳野を演じた三田佳子さんが当時の撮影にまつわる秘話を語って下さるというので、どのような貴重な話を聞くことが出来るのか楽しみですね。

–数々の大河ドラマを放送されているNHKさんが以前放送された戦国大河ドラマの名シーンを、当時出演された俳優さんたちが揃って、その当時の裏話などを披露してくれるというのはとても楽しみですね。

今回取り上げられる戦国大河ドラマというのが1973年に放送されたという番組であるようなので、そのドラマ自体は知らなかったのですが、今期で放送される麒麟がくるに登場している歴史的な登場人物が勢ぞろいをしているということなので、麒麟がくるをみるにあたり、この国盗り物語というドラマがどのようなものなのかを知ることができるというのはいいですね。

女たらしという斎藤道三のことを取り上げた作品ということなので、とても魅力的な男を描いてくれるのではないでしょうか。麒麟がくるで中心人物となるす武将達が活躍する姿を見ることが出来るというだけで期待することが出来ます。

当時、ドラマに出演された方々がドラマについてどのような思いを語られるのか、どのような秘話を知ることができるのか期待しています。1973年の戦国ドラマの名シーンがどのようなものなのか、知らない人でも楽しむことが出来るような番組になり、歴史に興味を持つことが出来るのではないでしょうか。

国盗り物語,動画,見逃し配信再放送2020年6月21日楽しみな点

最高視聴率29.9%を獲得しています。また、この作品は、前作の「新・平家物語」が平清盛役の仲代達也をはじめベテラン俳優を中心にした大河ドラマであったのに対し、織田信長(高橋英樹)、明智光秀(近藤正臣)、豊臣秀吉(火野正平)、濃姫(松坂慶子)といった主役級に20代の若手俳優を多数起用しているのも、大きな特徴のひとつです。

6月21日に放送される「麒麟がくるまでお待ちください戦国大河ドラマ名場面スペシャル」では、そんな「国盗り物語」の名場面の数々が紹介されます。

そこでは、希代の女ったらしとして描かれた斎藤道三(平幹二朗)の“成り上がり人生”や、信長と光秀との確執シーンなどが取り上げられるようですが、個人的には「桶狭間の戦い」の合戦シーンは、ぜひもう一度観てみたいと思っています。

また、番組では高橋英樹と近藤正臣、それに道三の側室・深芳野を演じた三田佳子の3人が、当時の“裏話”を語ってくれます。

国盗り物語は美濃の斎藤道三と、当初敵対しながら斎藤道三と和睦しその娘・濃姫を妻に迎え、斎藤道三の遺言にて美濃を譲り受けたとも言われる織田信長の両方を主人公として描いた大河ドラマです。

織田信長を主人公としていることもあり、最後は織田信長と明智光秀の対決でありドラマの後半は盛り上がりを見せていったわけです。

一方、今年の大河ドラマ麒麟がくるは明智光秀を主人公として描くドラマであり、目線の違いによりどんな描き方に差が出てくるのかにつき、対比した分析などもできると面白いと思います。ですので、そのヒントとなり得るような情報が今回の名場面スペシャルで垣間見えるといいなと思っています。

さて、今回のスペシャルには国盗り物語に出演した俳優さんが何人か出演してくれるようです。一人は主役の一方・織田信長を演じた高橋英樹さん、また、織田信長と敵対した明智光秀を演じた近藤正臣さんも出演してくれるようです。さらに斎藤道三の側室・深芳野役を演じた三田佳子さんも出演するとのことで、当時のエピソードなどどんな話が聞けるのか楽しみですね。

また、国盗り物語は1973年、47年前のドラマですが、今回出演してくれる高橋英樹さん、近藤正臣さん、三田佳子さんは現在70代ですので当時はかなり若いはずですので、どんな姿としての映像が残っているのか見られるのも興味深いでね。

原作は司馬遼太郎氏の小説『国盗り物語』で私も読んだことはあるのですが、大河ドラマの『国盗り物語』は脚本がかなり脚色されているようですね。

国盗り物語は1973年の大河ドラマですからなんと47年前の作品ということになりますね。原作は司馬遼太郎さんの国盗り物語で、美濃の斎藤道三とその隣・尾張の織田信長の2人が主人公となっています。

斎藤道三は平幹二朗さん、織田信長は高橋英樹さんが演じていますが、今もテレビだ大活躍中の高橋英樹さんは当時29歳で、29歳にして大河ドラマの主役ということでその後の大活躍のきっかけにもなった作品なのでしょう。

高橋英樹さん以外にも、明智光秀は当時31歳の近藤正臣さん、豊臣秀吉は当時24歳の火野正平さん、そして濃姫は当時20歳の松坂慶子さんと、全体的に若い俳優さんがキャスティングされている大河ドラマであり、新鮮味たっぷりのドラマを狙って作られた作品なのかも知れませんね。

ちなみに、この国盗り物語の織田信長役は当初は藤岡弘さんに決まりかけてたそうですね。ただ藤岡弘さんは1973年の2月まで初代の仮面ライダーで主役を演じていて、重なったため代役のような形で高橋英樹さんが演じることになったとか。

ところが、高橋英樹さんはこの作品で一気に知名度が上昇し、俳優としての地位を確立しその後の活躍につながったとのこと。まさに人生何があるかわからないということですが、そういう背景も踏まえて今回の名場面スペシャルを見てみると面白いと思います。

国盗り物語,動画,見逃し配信再放送2020年6月21日 視聴者感想

大河ドラマの方の「国盗り物語」も初期の大河ドラマではよく聞くタイトルの気がします。しかし主役が平幹二朗と高橋英樹だということは知りませんでした。

高橋英樹の出世作だということも。髙橋英樹の人気があまりにも爆発したので平幹二朗がうらやむほどだったらしいですね。髙橋英樹の若手時代がどんなんだったのだろうという興味があります。

これはぜひ見てみたい。他にも、近藤正臣や松坂慶子の若い頃も見てみたいです。

松坂慶子の若い頃は別なドラマで見たことがあって、すごく美人で驚きました。もとい、驚くほどの美人でした。

濃姫の役だそうですが、出て来るかな?今とはドラマの作り方や演技も相当違うと思います。

そんなところも面白そう。

ただ何しろ「麒麟がくる」の穴埋めとしての番組なので、そこまで見せてくれるかどうか……ほんとに場面場面を切り取る編集になりそうですよね。

少し長めに見せてもらえるとうれしいのですが。ここ何回か「麒麟がくる」の代わりに過去の大河の振り返りをやっているようですが、せっかくならば45分という尺ではなく、もうちょっと長めの特番にすれば良かったのに、という気がします。

コメントならリモート収録も比較的容易だと思いますし、出来る素材だったろうと思いますが。

どんな番組になるのか、期待しています。—注目は、斉藤道山です。「麒麟が来る」では、本木雅弘さんが、演じた役柄ですが、惹きつける演技でした。司馬遼太郎先生の作品では、斉藤道山が、女ったらしという設定になっていてどこも見どころだと思います。

注目は、息子との対立のシーンです。

斉藤道山の信念や息子を想う気持ちなどいろんな感情が、伝わる戦いのシーンなので「国盗り物語」では、どう描かれているのか知りたいです。斉藤道山と明智光秀の関係性も注目ポイントです。「麒麟が来る」では、斉藤道山のムチャブリに戸惑いながらも仕える明智光秀でしたが、このドラマでも斉藤道山にふりまわされているのか注目です。

織田信長の能力を認めていた斉藤道山なので2人の出会いのシーンも観たいです。

帰蝶を誰が、演じるのかも知りたいです。本能寺の変も名場面で紹介するので注目しています。「国盗り物語」の配役も楽しみです。当時のキャストによる撮影秘話も楽しみです。

織田信長役の高橋英樹さんが、どんな風に織田信長という人物を演じようと思ったのかなど知りたいです。「麒麟が来る」を楽しく観ているので「国盗り物語」の名場面も楽しみです。

–戦国武将の斎藤道三、織田信長、明智光秀を中心とした戦国模様を描いた司馬遼太郎さん原作のドラマでこの作品は斎藤道三の成り上がりと本能寺を描く内容となっているそうです。信長役に高橋英樹さん、明智光秀に近藤秀臣さんが扮しているとのことです。

「麒麟がくる」は明智光秀が中心なので少し切り口というか視点は違いますがやはり歴史的に見ても本能寺の変はやっぱり面白いですね。このドラマの名場面を振り返りながら実際に高橋英樹さんや近藤正臣さん、三田佳子さんにもお話を聞くとのことで当時の裏話も聞けそうでとても楽しみです。

画像も少し見ましたが高橋英樹さんは今よりもずいぶんお若く(当たり前ですが)とても甲冑姿がカッコよくて凛々しいですね。近藤正臣さんもニヒルでとても明智光秀役が似合っています。

この「国盗り物語」は1973年放送ということで当時の映像を見られることも貴重ですし、時代背景や映像なども「麒麟がくる」と比べながら楽しむことが出来そうでとても楽しみです。

放送が再開されるのを期待しつつ盛り上がれる番組だと思います。

–現在放送されている主人公の明智光秀の使えた斎藤道三、織田信長が主人公の大河ドラマです。現在休止中の麒麟が来るとリンクするような作品であり、一介の人間から斎藤道三が美濃国をとって成り上がっていくところから、織田信長が本能寺の変まで生きていった当たりまでやるので、今回の大河の予習となるようなところがあります。

司馬遼太郎原作の作品を用いており、織田信長には名俳優の高橋英樹氏、深芳野役に三田佳子氏、といった名俳優がそろっている大河であり、両名が今回はゲストで当時の状況を振り返ってくれたりします。

また、前回に続いて松村邦洋さんもでてきてくれます。前回の伊達政宗の感じのように名場面が出てくるわけでありますが、良い場面を見ながら昔の作品に思いを寄せるのもオールドファンの方にも良いでしょう。

新しい方にとっても、時代によって変わる描写や演出を見のも良いのではないかと思います。

まとめ

斎藤道三(平幹二朗)油売りの浪人が美濃を作った成り上がり深芳野(三田佳子)女好きの美濃のまむし道三は成り上がります。
志しを受け継いだ織田信長(高橋英樹)明智光秀(近藤正臣)同じ国作りをします。斎藤道三の物語美濃一国を手に入れ天下統一をするつもりでしたが志し中で息子義龍に頼芸仇討ちで倒れます。織田信長は下克上斎藤道三の天下統一の夢を叶える為に破竹の勢いで天下統一を目指しました。室町幕府幽閉されていた足利義昭を助け再興したい朝倉家越前にいた明智光秀です。

美濃の斎藤道三と尾張の織田信長の物語です。美濃の国盗りに行く斎藤道三は浪人だった油売りが成り上がった土岐頼芸の近くの深芳野美濃を手に入れる為に近づきます。女をやるその言葉お忘れなくと言います。道三の側室になり美濃一国の主を手にしましたが、美濃の国盗りには成功して国作りをしました。

尾張の織田信秀との戦になり信秀は斎藤道三と和をする事を選びます。戦が上手い斎藤道三は1つの国を盗る知恵があります。

和解する方にして行きます話を進めて行きますが道三は承諾して。斎藤道三の正室(明智光秀の叔母)の娘帰蝶(濃姫)素行が悪いうつけ織田信長に嫁入りする事で和解が成立します。

斎藤道三は天下統一が目的織田信長と明智光秀の才能を高く評価していました。斎藤道三の息子義龍は父頼芸を追放した仇討ち名目で道三を討ちます。

織田信長に美濃一国を譲る文を書いて道三の志し天下統一織田信長は破竹の勢いで進撃して行きます。

明智光秀と共に織田信長の側近明智光秀と羽柴秀吉(豊臣秀吉)と徳川家康がいますが、各地の武将を攻略しながら京の都に行く途中の本能寺に立ち寄ります。室町幕府の将軍足利義昭を助け出し復興させたかった越前にいた明智光秀すでに織田信長とは対立していました。

斎藤道三天下統一が夢その意思を継いでいた織田信長は天下統一をする為に京に向かいます。夢か幻で終わる敵は本能寺にあり明智光秀は主君織田信長を討つ兵を上げます。謀反して織田信長を討ちましたが、京の近くに行っていた羽柴秀吉(豊臣秀吉)黒田官兵衛は早く11日で行けました織田信長の家臣は羽柴秀吉に付きます。

多勢に無勢明智光秀は戦に敗れ落ち延びますが討たれます。羽柴秀吉は天下統一目前の織田信長の後を継ぎました。

下克上の戦国時代斎藤道三は油売り織田信長は農家の出成り上がった天下統一目前で夢は絶たれましたが明智光秀は幻に終わりました。本能寺前夜本能寺の変の前の織田信長と明智光秀の会談一歩も譲りません敵は本能寺にあり天下統一は羽柴秀吉がしました農民下克上成り上がり国盗り物語美濃の蝮斎藤道三の夢は叶いました。天下統一をするのが目的で戦が終わりません夢を織田信長と明智光秀に託した斎藤道三。

(無料視聴できます)

↓ ↓

国盗り物語