バラエティ倉庫館

氷上の表現者 高橋大輔 動画,再放送,見逃し配信6月21日2020年無料視聴~NHK杯フィギュアの歩み~

氷上の表現者 高橋大輔 動画再放送見逃し配信6月21日2020年無料視聴~NHK杯フィギュアの歩み~

2020年6月21日19時から『氷上の表現者 高橋大輔~NHK杯フィギュアの歩み~』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

氷上の表現者 高橋大輔~NHK杯フィギュアの歩み~動画フル無料視聴まとめ

氷上の表現者 高橋大輔/番組内容

バンクーバー五輪で日本男子シングル史上初のメダリストとなったフィギュアスケーター、高橋大輔選手。NHK杯には9回出場し、男子シングル最多となる5回の優勝を果たしました。世界一といわれたステップで、クラシックだけでなくマンボ・ヒップホップ・ブルースなど、様々なジャンルの音楽と融合し、新たな表現を示した数々の演技とともに、その足跡をたどります。フィギュア界にインパクトを与えたプログラムが満載です。

氷上の表現者 高橋大輔 出演者

フィギュアスケート選手…高橋大輔

氷上の表現者 高橋大輔 再放送ストーリー性

面白そうな点は日本男子のフィギュアスケーターで史上初のオリンピックメダリストとなった高橋大輔さんをNHK杯の出場の歴史と共に振り返りながら高橋さんのフィギュアスケーターとしての魅力を掘り下げていこうというところです。

高橋さんはNHK杯に9回出場されていて5回も男子シングルスで優勝されているそうです。

「世界一のステップ」と称される演技はそれまでの日本人スケーターにはない表現力があると評価されていました。高橋選手(あえて選手と呼ばせていただきますが)私の演技は私はその当時とてもセクシーと思っていました。

フィギュアスケートはやはりジャンプが一番の見どころなので選手は皆ジャンプに磨きを掛けます。

もちろん高橋選手のジャンプも素晴らしいのですが高橋選手はそれ以外に表現方法や演技力を磨けることはできないかとステップシークェンスに力を入れ見事にバンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得するのです。

他人と違うポイントに注目し差別化を図っていく高橋選手はフィギュアスケーターとしてだけでない、タレントさんのようなダンディズムとカッコよさがあります。まさにパイオニアだと思います。そんな歴史を紐解く番組だと思うので大変楽しみです。

高橋大輔選手というと、時には男性らしい大胆な氷上の上での演技で圧倒させられたり、男性なのにも関わらず妖艶な表現でドキドキさせられてしまったり、時にはこちらまで楽しくなってしまうほどコミカルな動きを見せてくれたりと、フィギュアスケートというのはここまで演技で表現することが出来るのかということを教えてもらった選手と言っても過言ではないのではないでしょうか。

バンクーバーで日本人男性シングル初メダリストにもなった高橋大輔選手、その演技の素晴らしさというのは、日本のみならず世界でも認められるものであり、世界一のステップといわれている彼のステップは素人目からしてもとても素晴らしいものだと思います。

その高橋選手がフィギュアスケートの定番のバックミュージックでもあるクラシックだけでなく、マンボやヒップホップ、そしてフィギュアに合うのかと不安になるブルースなどの音楽を用いて、新たな表現を取り入れて挑んだフィギュアの歩みをお届けしてくれるというのは、彼の演技をより深く楽しむことが出来るきっかけになるのではないでしょうか。フィギュア界に新たな風を起こすことができる存在である彼の歩み、どのような足跡を見れるのか期待しています。

氷上の表現者 高橋大輔 楽しみな点

高橋大輔選手ですが、華やかな時代もあり、優勝5回という華やかな記録や、オリンピックで日本人男性初のメダルを取得するなど華々しい記録をお持ちです。

ただ、どちらかというと晩年ケガに苦しんだりされていたり、後輩が育ってきてライバルになり、悔しい思いをされていたり、そんな中でめげることなく頑張られていた
点と、最期の引退会見の際、もっと続けてほしいとおもったことが思い出されます。

」天才肌とは言われている方ですが、どちらかというと私はものすごい努力家で、
負けず嫌いな方なんだろうな、という印象を受けています

子供のころから、どんな思いでフィギュアスケートをされていたのか?そしてどんな努力をし、華やかな時代
、ケガで悩まされた時代、そして引退を決意された際の思いなど、どんな思いだったのか?いろいろ知りたいと思います。そういう意味ではこの番組では、その片鱗を

しることができるのでは?と少し期待してしまいました。日曜日で、ほかの番組とかぶってますが、録画してでも見たいと思います。

氷上の表現者 高橋大輔 視聴者感想

素晴らしい演技を見せてくれることで人気の高いフィギュア選手の高橋大輔さん。その高橋大輔さんの足跡をたどる物語というのはとても興味深いですね。

日本男子のシングルで始めてメダリストになった高橋選手は男性なのに妖艶な演技を見せてくれますし、素人から見てもそのステップの美しさや表現の豊かさというのは理解することが出来ます。

男子シングルで最多の5回もの優勝を果たしている彼の演技を追うというのはとても楽しみですね。

NHK杯に9回も出場し、その度に素晴らしい演技を見せてくれた彼、本当にさまざまな音楽を取り入れて、色々な顔を見せてくれるのでいつも今回はどのような音楽との融合を見せてくれるのだろうかとワクワクさせられます。正に表現者という言葉があっている彼の演技の数々というのは見るものを魅了してくれるものであると思うのですが、その裏では予想を超えた努力もされているのではないでしょうか。

その表現者としての彼が新たな表現を見せるというのはとても楽しみですね。

フィギュアスケートの歴史を変えるような逸材でもある高橋大輔選手がNHKフィギュアに挑むまでのストーリーを見ることで、彼の演技のすごさというのを理解することが出来るのではないでしょうか。

まとめ

注目する所は、高橋大輔選手のフィギュアスケートの軌跡を観れる所です。
高橋大輔選手の魅力は、なめらかなステップだと思います。
オリンピックでもきれいなステップと表現力で会場をもりあげていた事を思い出します。
フィギュアスケート大会の出場経験も豊富で確かな実力とさわやかなルックスも人気の選手だと思います。
面白そうな所は、いろんなジャンルの音楽とステップの融合を観れる所です。
どんな音楽にも対応できる技術を持っているからこそチャレンジできるのだなと思いました。
大会で高橋大輔さんのステップに合わせて会場の観客が、拍手で応援してく熱気が、テレビ画面からも伝わってきました。
高橋大輔さんは、フィギュアスケートと演劇を融合させた舞台の光源氏役で出演していてそのチャレンジ精神も素晴らしいと思いました。
リハーサル風景をテレビで観て演技に格闘するシーンが、印象的でした。
初めての俳優体験だと思うのですが、演技も上手でイケメンなので光源氏役にピッタリでした。
今後のフィギュアスケート界の活躍の場としても1つのスタイルを確立したと思います。
演劇とフィギュアスケートのコラボというスタイルに挑戦した事も面白いと思いました。
高橋大輔さんといえばファンに愛されているなと感じます。

私はフィギュアスケートが大好きなのでNHK杯は毎年見ています。時間も19:30ぐらいからなので夜更かししないで済むので。他の海外の試合はニュースなどで観ることが多いのですがこの試合だけは生で観れるがうれしいです。

高橋大輔さんと言えば世界一のステップで一躍有名になった方ですよね。

それまではフィギュアスケート=ジャンプと言うイメージが大きかったのですが確かに氷の上を床の上同様にダンスするのは並大抵の技ではないですよね。

床の上のダンスならばそれ専用の靴があったりしますが氷の上でみんなが履くのは同じスケート靴のみ。もちろんステップ用に工夫されたスケート靴なんてないでしょう。

高橋さんをきっかけにステップや表現力などの点数も採点に大きく影響するようになり、今は羽生選手も高橋選手に負けじとステップや表現力に磨きをかけているんですね。今は羽生さんが世界一のステップと呼ばれるようになっていますよね。

今度はアイスダンスに挑戦されると事。いくらステップが得意だからと言って今度は相手がいます。

相手と息を合わせダンスするというのは一人で技を繰り広げるのとは全然違う世界ですよね。相手との相性もあるでしょうが又世界選手権で高橋選手の華麗なダンスを見たいという気持ちが大きいです。

氷上の表現者 高橋大輔動画無料pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

↓ ↓

氷上の表現者 高橋大輔動画無料