バラエティ倉庫館

鶏とパンケーキ 見逃し配信 ターシャテュ-ダファミリーの四季,再放送(6月21日NHK)を無料視聴する方法

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季,見逃し配信/再放送(6月21日NHK)を無料視聴する方法

2020年6月21日18時から『鶏とパンケーキ ~ターシャ・テューダーファミリーの四季~』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の見逃し配信/再放送(6月21日)をフルに無料視聴する方法

鶏とパンケーキ/番組内容

庭園というものは、日本庭園以外にも、ヨーロッパの貴族の邸宅に見られるような西洋庭園、中国の士大夫の屋敷に残されているような水墨画の再現を目指した中国庭園、中東の水を重視したペルシャ庭園など、古今東西様々なものが存在しています。

恐らく人の想像力の許す限り、これからも新しい庭園が生み出され続けてゆくのでしょう。そんな庭園づくりの世界において、ターシャ・テューダーという方は、死後12年が経過した現在も世界中のガーデナーが憧れる庭づくりのカリスマだそうです。

今回の番組では、アメリカのバーモント州において、彼女が残した広大な”森の庭”で暮らすひ孫一家の新しい物語を紹介するとのこと。バーモント州は四季の移ろいが美しい自然豊かな場所とのことで、日本の気候風土とも似ていそうですね。そんな地域に作られた”森の庭”で、故ターシャ・テューダー氏のひ孫に当たるエリーとケイティは、学校に通わずに自宅学習という形で、鶏と共に育っているとのこと。

小鳥がさえずり、木々が芽吹いて、ヤマアラシが訪れる森。本当に自然豊かな雰囲気な”森の庭”がどんな場所なのか、まずは見てみたいと思いますね。

鶏とパンケーキ 出演者

語り
長谷川真弓

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の見逃し配信/再放送(6月21日)みどころ

ターシャ・テューダーとはアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家・人形作家としてとんでもなく有名な方でしたが、その作品だけではなくライフスタイルも異彩を放っており評判になっていました。

そのライフスタイルとは田舎での自給自足の暮らしで、アメリカバーモント州の田舎でスローライフの母とも言われる自然に寄り添った生活をしていたことで知られています。ターシャ・テューダーさんご自身は2008年に92歳にお亡くなりになられていますが、ターシャ・テューダーさんが生活し発展させた森では今もご子息たちが暮らしているということで、ひ孫さんの生活を中心に現在のようすが紹介されるとのことです。

なんでもひ孫さんのエリーとケイティはまだ子どもなのですが、学校には通わず両親を先生にして自宅学習で学んでいるとのこと。

その代わりに自然と触れ合う時間はたっぷりとあって、四季折々の風景や、四季折々に起こる自然の中で暮らす動物たちの行動など、様々な面に直面しながら成長しているようです。自然のなかで何も不安を感じながら自由気ままにゆったり生活するのは理想といえば理想でしょうが、良い面・悪い面実際には色々あるのだと思います。

そういう意味で良い面を伝えてくれるのは嬉しいのは当然ですが、悪い面・不安点などにも合わせて触れてくれるような番組構成になっていることを期待しつつ放送を楽しみたいと思っています。

—なんて素敵なお話なんでしょう。世界的に有名なガーデナーのターシャが残している庭を、ひ孫のエリーとケイティが受け継いでいて、しかも、学校には行かず両親を先生として暮らしている。森の庭といっているその場所を守っているのかな、とまで感じました。

あまりにも気になったのでネットで調べてみましたが、本当に美しい。

画像からも鳥や動物達の声が聞こえてきそうな、花達もお話したり囁いたりしているのかなと、そんな気持ちにさせてくれる素晴らしいお庭でした。自分は、産まれてから庭のない家でずっと暮らしてきたためか、庭にはすごい憧れがあります。

自然が大好きで、近くの山に行っては、たくさんの生きてるものに触れ合えてとても感動する時があります。

そんな所を自分の庭でも再現出来たり、少しだけでも近づけたら素敵かなと思い、庭をつくるのでしょうか。とにかく、ガーデナーの方達には本当に尊敬します。

たくさんの生きてるもの達を、自分の手で育ち守るのですから、本当に大変だと思いますし、それが出来ると言うことは本当にそこを愛してるからこそ出来るんだろうなと感じます。この庭では、生き物達がざわめき出し、何一つとして同じ時間がない、という言葉にとても惹かれました。そうですよね。

生きてるもの達が重なり合うこの空間で同じ時は絶対に有り得ないですよね。ぜひ、この番組を見て優しい気持ちになれたらと思いました。

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の見逃し配信/再放送(6月21日) 楽しみな点

まずタイトルからして、どのような番組なのか心惹かれます。ターシャ・テューダーが残した森のなかで、次の世代がどのように暮らしているのか非常に興味深いです。

アメリカでは現在、ホームスクールがだんだんと広まってきており、子どもの教育といった面からみても面白くて考えさせられる番組なのではないかと想像できます。

刺激を求めるリアリティ番組が多い中、その主流と真逆を行く自然、子ども、森での生活。大げさな物語は多分でてこないでしょう。

ただ、淡々と過ごす日常の中に多くの驚きや発見があり、観るものの心を和ませ、癒してくれそうです。

タイトルにある「鶏」ですが、自分の世代からさかのぼりずっと養育されてきたことを考えれば、長い年月を経ても生命の営みが、私たちに恵みを与えてくれていることを象徴しているかのようです。

その卵から作ったパンケーキは一体どんな味がするのか、毎日どのような顔をしてそのパンケーキを子どもたちがほおばるのか、とても微笑ましい内容の番組になっていることと思います。庭づくりのカリスマが残したのは、絵本だけでなく本当のスローライフの在り方だと思います。この番組を通じて、いまの世代にも受け継がれる彼女の精神をぜひ観てみたいと思います。

鶏とパンケーキ 視聴者感想

美しい庭と、パンケーキから始まる朝…とても素敵ですね。憧れます。

女性なら、皆が憧れる様な環境の中で、家族がどんな日々を、送っているのか、興味津々です。小鳥のさえずりに、木々の芽吹きなんて、絵本に出てくる世界みたいで、理想です。そんな自然豊かで、素敵な庭や動物に、囲まれながら育った子供達は、どんな成長を遂げているのか、気になります。都会のせかせかしている中で、育った子とは、やっぱり違うのでしょうか。

そして、学校には通わず、親が先生となり、自宅で学習してるというのが、また凄いなと思います。学校に行くのが、当たり前と思っている人が多い中で、そういう選択をしたのが、世間の枠に囚われず、凄いと尊敬します。

最近は、ネットも発達しているので、そういう物も活用しているのか、知りたい所です。

同じ親として、お友達とかはいるのか、ちょっと気になります。森での恵みや、自然の中で暮らす知恵を番組を通して、参考にしたいです。自然の中で暮らしたいと思っていても、実践するのは、難しいので、番組を見て、満足したいと思います。

素敵な庭や、綺麗な自然の映像が楽しめそうで、番組を見て、リフレッシュ出来そうです。ゆったりとした気持ちで、試聴したいですー。–ターシャといえば、昔NHKで特集された番組を見たことがあります。

それをきっかけに地元で開催された展示会にも足を運んだ記憶があります。

自然を大切にし穏やかに日々の暮らしを行っているターシャの姿に、当時は心が穏やかになりました。そんなターシャが亡くなった後も、残された子どもと孫たちが今も穏やかな生活を送っているという事に驚きました。

ターシャが亡くなった後、残された人たちは好きなような暮らし方ができるはずです。

にもかかわらず、ターシャが亡くなってもなお生活スタイルを変えないというのは、家族はよほどこの生活スタイルが気に入っているということなのでしょうか。

番組内容を見ていると、いろいろなことを考えると自分にはまねのできない生活スタイルです。子どもを学校に通わせないで親が教師となって勉強を教えることは特にまねできない点だなと感じました。

でも、それは自分の子供が生きている環境とターシャの孫とでは生きていく環境が違うから当然なんでしょうが。

真似はできない、だからこそこの番組を見ることでターシャの生活を守っているこの家族の姿を通して今自分に必要な物だけど不足しているものに気付くのではないかと期待しています。

–面白そうな所は、カリスマガーデナーだったターシャ・デューダーのひ孫一家の暮らしぶりを観れる所です。

庭作りのカリスマが、手掛けた森での暮らしは、楽しそうですね。森の中にいるだけでも癒されると思いますが、カリスマガーデナーの手掛けた庭で暮らせるというのは、より癒されそうです。

森林の中でおきるちょっとした出来事に耳を傾けてみたり四季を感じて木々の様子をみたりする生活は、心が、豊かになりますね。ヤマアラシの訪問は、楽しみですね。

ヤマアラシという動物をじっくりみたことないので興味あります。

夏目漱石の小説に登場したヤマアラシという登場人物を思い出します。

実際のヤマアラシは、どんな動物だったのか楽しみです。注目する所は、ターシャから鶏を受け継いでいる所です。

孫からひ孫の代まで鶏を受け継いでいる事にターシャ一家の誠実な暮らしぶりを感じます。

鶏のパンケーキのレシピも楽しみです。産みたての玉子で作るパンケーキを朝食にしているので豪華ですね。海外のパンケーキでは、どんなトッピングをするのかも興味深いです。

ひ孫達が、学校に通わずに自宅で学習する理由も知りたいです。ターシャ一家の暮らしの中に人生を楽しむヒントもありそうです。

–タイトルを見た時の第一印象は何だこれ?鶏肉とパンケーキの料理?と思ってしまったのですが、違っていました。この番組はまるで「大草原の小さな家」のようですね。大自然で家族と共に過ごすローラ・インガルス一家のお話。子供の頃にNHKで放送されていて毎日のように見ていました。

大相撲があった時は見られないのですごくストレスになっていたのを思い出しました。芸術家ってもちろん才能が一番だと思うのですがその才能を生かす環境も大事なんですね。もし、ターシャさんが都会で育っていたらこんなに有名な芸術家になれたのだろうかとふと想像してしまいます。

この番組は見るだけで心が穏やかになりそうですね。

自然に囲まれた森の中で自給自足。会社社会のストレスなんて何も知らずに生活しているひ孫一家が羨ましく思います。

両親は都会に住んでいたことがあるのでしょうか。その辺も番組で放送してくれるのだろうかと興味がわきます。それにしても「長谷川真弓」さんてどこかで聞いたことがあるような気がします。確か何かのアニメの声優さんではなかったでしょうか。

アニメの名前は憶えていませんが何となくテロップで見た記憶があります。記憶違いならば申し訳ないですがNHKのナレーションをする方ですからきっと素敵な声で番組を盛り上げてくれるでしょう。

まとめ

***庭園というものは、日本庭園以外にも、ヨーロッパの貴族の邸宅に見られるような西洋庭園、中国の士大夫の屋敷に残されているような水墨画の再現を目指した中国庭園、中東の水を重視したペルシャ庭園など、古今東西様々なものが存在しています。

恐らく人の想像力の許す限り、これからも新しい庭園が生み出され続けてゆくのでしょう。

そんな庭園づくりの世界において、ターシャ・テューダーという方は、死後12年が経過した現在も世界中のガーデナーが憧れる庭づくりのカリスマだそうです。今回の番組では、アメリカのバーモント州において、彼女が残した広大な”森の庭”で暮らすひ孫一家の新しい物語を紹介するとのこと。

バーモント州は四季の移ろいが美しい自然豊かな場所とのことで、日本の気候風土とも似ていそうですね。そんな地域に作られた”森の庭”で、故ターシャ・テューダー氏のひ孫に当たるエリーとケイティは、学校に通わずに自宅学習という形で、鶏と共に育っているとのこと。小鳥がさえずり、木々が芽吹いて、ヤマアラシが訪れる森。本当に自然豊かな雰囲気な”森の庭”がどんな場所なのか、まずは見てみたいと思いますね。

(無料視聴できます)

↓ ↓

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の見逃し配信/再放送(6月21日)をフルに無料視聴する方法