バラエティ倉庫館

鶏とパンケーキ 動画 ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日NHK)をフルに無料視聴する方法

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日NHK)をフルに無料視聴する方法

2020年6月21日18時から『鶏とパンケーキ ~ターシャ・テューダーファミリーの四季~』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

鶏とパンケーキ 動画ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日)をフルに無料視聴する方法

鶏とパンケーキ/番組内容

舞台は四季の移ろいが美しい自然豊かな北米バーモント州。ひ孫のエリーとケイティは、ターシャが残したこの森で、ターシャから受け継いだ鶏とともに育っている。学校には通わず、両親を先生にホームスクール(自宅学習)の日々。毎朝鶏の卵で作るパンケーキからはじまるターシャ・テューダー家の一日。小鳥のさえずり、木々の芽吹き、ヤマアラシの訪問…。一日として同じ日はなく、森はどの季節も好奇心と発見に満ちあふれている。

鶏とパンケーキ 出演者

語り
長谷川真弓

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日)みどころ

アメリカの絵本作家でもあり、ガーデナーとしても有名なターシャ・テューダーの理想郷、「ターシャの森」に暮らすひ孫たちの姿を描いた番組です。

私個人のイメージでは、ガーデニングといえば英国、と短絡的に考えてしまいがちですが、ターシャ・テューダーはガーデナーとしてもかなり著名な方だったようです。私は日本の、しかも都市部に暮らしていますのでこの理想郷である「ターシャの森」はかなり非日常の世界に感じます。

カリスマガーデナーが残した「森の庭」を放送予定の画像で見ただけでも、その地に行ってみたくなりました。

緑がまぶしい自然が広がる広大な土地で、ひ孫一家がどんな生活をしているのか、とても覗いてみたい気持ちになりました。番組タイトルをみたときは、「鶏とパンケーキ」の鶏って何?と思いましたが、鶏と共に生活をしているからだとわかりました。

今の私の生活は動物との接触がほとんどありませんので、ピンときませんが、この一家にとっては当たり前の光景なのでしょう。

子供たちは学校に通わず、両親が教師代わりで学んでいるそうです。学校に通うことで友達ができたり社会性が身についたりするので、そういった面は期待できませんが、でもそののびのびとしているであろう教育に正直羨ましくなりました。自然に囲まれた理想郷での生活、ちょっと覗いてみたいです。

–一日の始まりはパンケーキからというのは、せかせかしている現代に住んでいる人々には考えられないような素敵な暮らしなのではないでしょうか。

それも、庭で育てているにわとりからいただいたたまごを使ってパンケーキを作るというのはとてもうらやましい生活にも思えます。

この家に住んでいるのはターシャ・テューダーさんというガーデニング家の家族で、彼女が亡くなったあともこの家を、庭を守るために孫たちも一緒に住んでいるというのがいいですね。

自然豊かな場所にある美しい庭のある家に住むターシャ・テューダーさんの孫はまだ幼いながらもにわとりに触れることも怯えたりしないような自然人で、学校に通うことなく両親から勉学を教えてもらい、自然の中での生活を優先しているというのは日本では考えられないような生活ではないでしょうか。

四季を感じられる生活のなかで、彼女たちがどのような暮らしをしているのか、まるで絵本のなかに入り込んだような憧れの生活にもきっといろいろと大変なこともあるかもしれませんので、そのリアルな暮らしを見てみたいですね。

また、自然のなかにある美しいお庭がどのようなものなのかということにも注目し、絵本を読む感覚で楽しみたいです。

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日) 楽しみな点

–穏やかな時間が流れるガーデニングのあるお家で自然豊かにのびのび育っているなんて羨ましいなと思います。

あらすじのようなものを拝見したとき、ビクトリアクスポターのことかなと思っていましたが、アメリカの絵本作家で著名なガーデナー、ターシャ・テューダーさんの作り上げたガーデニングのあるお家で暮らす孫たちの物語、これは現実にあったことなのかフィクションなのかわからないけれども文字で読むだけでも暮らしている町の色鮮やかな情景や空気が伝わり映像でも見てみたいなと思います。

学校へは通わずに、自宅で両親を先生として弁要しながら鶏や森野にはでのびのびと過ごしている様子がものすごくうらやましい。そして、このドラマに登場しているのがターシャ・テューダーの実際に育てた庭であるなら日本人のなかのガーデナーも見たい人がたくさん似るはず、そしてそれらに興味のない人でもその美しい景観はドラマを通して楽しめると思います。

物語に登場する人物たちもそばかすの肌に親しみを感じられるし、欧州の雰囲気を日本にいながら味わえるのはいいなというよりか旅行に行きたくなります。実際にその雰囲気を体験したいって思っちゃいます。みんなかわいい。

鶏とパンケーキ 視聴者感想

まず、タイトルがいい響きだなと感じました。

私はあまりガーデニングに詳しくありませんが、広大な庭というのはどのようなものなのか注目だなと思います。

私は、自然と触れあいたい場合には出かけるのですが、わざわざ出掛けなくても家の庭が自然でいっぱいなのはすごいです。

また、この家族の子どもは学校に行かずに自宅で親に教わりながら学習しているそうで、驚きました。

家庭教師が来るなら想像しやすいですが、親が教えるとなると親自身も勉強しないといけないだろうし、大変だなと思いました。

どうしてこういう選択をしたのか聞くことができると面白そうです。また、家の周りが自然で溢れていることは、植物や季節のうつろいなどを体感して学ぶことができるし、きっと子どもにとっていいんだろうなと思います。

あと、庭が広大だと、その管理をしているだけでも一日が過ぎてしまうくらい大変だと思うので、どうやって維持しているのが興味深いです。

今の自分とはかけ離れた生活をしている家族なので、どんな考え方を持って日々を過ごしているのが見てみたいです。

そして、何より庭がきれいで見ごたえがあると思うので、その庭が四季でどう変化していくのか注目だなと感じます。

まとめ

–ガーデニングが好きな人の憧れの存在であるというターシャ・テューダーさんの存在は知らなかったものの、ガーデニングで人々のことを幸せにしてきた存在というのはとても興味がありますね。

没後12年経った今、ターシャ・テューダーさんの美しい庭のある家に孫の世代が生活をスタートさせるということは、天国にいる彼女もきっと喜んでいるのではないでしょうか。タイトルの可愛さにすでに興味は高まっていますが、小さなかわいい少女がニワトリを臆することなく捕まえている写真をみて、更にワクワクさせられます。

美しい自然の中で育っている彼女たちは学校に通わずに自宅で両親から勉強を教えてもらっているという生活は日本では考えられないよな暮らしかもしれませんが、外国には学校に通って折らずにそれぞれの家庭の方針を貫いているというようなことも多いので、そのような事情なども知るきっかけにこの番組がなってくれたらいいですね。

毎朝にわとりが産む卵でパンケーキを作って一日がスタートする。とても優雅な暮らしにも見えるかもしませんが、きっと大変なこともあるのではないでしょうか。ガーデニングの一人者であるターシャ・テューダーさんが残した庭でどのような生活を送っておられるのかとても楽しみです。

スローライフの生みの親的存在で、庭づくりのカリスマでもあり、もちろん本業の絵本画家・挿絵画家としても有名だったターシャ・テューダーさんのご子息たちが、今ターシャ・テューダーさんが残した場所でどんな暮らしをしているのか?

ドキュメンタリーとして紹介してくれる番組のようですね。

ターシャ・テューダーさんといえば、50歳を過ぎてからアメリカ・バーモント州の山奥でアメリカ開拓時代を思わせる生活を始めたことで大きな話題を呼んだものですが、亡くなられて10年以上たった今でも残したバーモント州の場所はそのまま存在していてご子息たちがそこで暮らされているようです。

そんな現在のようすをひ孫さんの女の子たちの姿を中心に映像で見せてくれる、そんな番組になっているようです。

そこに住む家族立ちは鶏と一緒に暮らしていて、毎日その鶏たちが産む卵でパンケーキを作って朝食にして一日を始めていくようです。

自然の中で暮らすことで都会生活では失われてしまうような人間が本来持つべき感覚を維持できて確かにスローライフの生活も良さそうですね。

ただ、当然デメリットもあるはずで、デメリットも散りばめながら番組作りをしてくれると深みのあるすばらしいドキュメンタリーになると思いますので、制作スタッフがそのような配慮をしつつ制作したことを期待したいと思っています。

面白そうな番組なので放送が楽しみですね。

(無料視聴できます)

↓ ↓

鶏とパンケーキ ターシャテュ-ダファミリーの四季の動画(6月21日)をフルに無料視聴する方法